/*リンクは別ウインドウ*/

自己満足で勝手に楽しむ日記

楽しいことの寄せ集め。

『ミラーニューロンがあなたを救う!人に支配されない脳をつくる4つの実践テクニック』大嶋信頼著

岩国フレンドシップデイの待ち時間に読んでいた本はこれ。↓ 

ミラーニューロンがあなたを救う!- 人に支配されない脳をつくる4つの実践テクニック -

ミラーニューロンがあなたを救う!- 人に支配されない脳をつくる4つの実践テクニック -

 

 

話題になっていたこの本の著者。

消したくても消せない嫉妬・劣等感を一瞬で消す方法

消したくても消せない嫉妬・劣等感を一瞬で消す方法

 

 

 

この方の切り口、考え方、本当に、面白いと思う。

 

人が集まると、

2対6対2の法則というのがあって、

2は、優等生。6はその他大勢。残りの2が劣等生。

どういう風な集団であっても、内訳が、その割合に分かれる。

 

優等生の2割が、ストレスや感情の汚物を、

劣等生の2割に流す。

 

これが、不安や恐れ。

 

自分が不安や恐れや劣等感を感じた時、

それは、自分の感情ではなく、

優等生の2割から流された汚物なのだという。

 

人の顔色を伺ったり、下手に出たりすればするほど、

劣等生は、下の位置に追いやられ、優等生の汚物のはけ口になるのだと。

 

無線LANのように、脳のネットワークは繋がっていて、

優等生が、ストレスのはけ口に劣等生を使ったとき、劣等生の脳内には

不安な気持ちが表れる。

だから、不安な気持ちになったとき、

「浮き輪モード!!」と心の中で唱えることで、

ドロドロの下の位置に押しやられた自分を、

浮き上がらせる。

汚物にまみれたネットワークを、切断する。

 

 

というお話。

 

顔色を伺わない。

人に相談しない。

自分を下の位置に持ってこない。

 

 

この方の著書からは、

徹底的に、

 

自分を卑下しないで!という内容が伝わってくる。

 

 

人と接して、

その後、帰ってから、一人反省会をしてしまうような相手との関係性ではなく、

楽に付き合える関係性。

 

本音モードで、自分を大切にして、

自分を大切にできない相手、場所からは、

離れること。切ること。

 

誠意を尽くして相手を変えようとしても、

相手は変えられないし、

相手からの汚物のエネルギー、脳波のはけ口に、

自分が成るだけだという。

 

 

毅然として、自分の立ち位置を確保すること。

 

人の心配をしたり、顔色を伺ったり、おせっかいばかりしていると、

感謝されるどころか、ますます自分が下の位置にいき、

ますます、汚物の捌け口にされてしまうよ、と。

 

「嫉妬・劣等感」の本と、同じような内容が、

もっと詳しく書いてあった。

 

 

 

 

*このブログはリンクフリーですが、一言声をかけていただけるとめっちゃ喜びますヽ(´▽`)/