/*リンクは別ウインドウ*/

自己満足で勝手に楽しむ日記

楽しいことの寄せ集め。

他人を大切にする一番の方法は、

他人を大切にする一番の方法は、

 

自分を大切にすること

 

だということに気が付いた。

 

 

 

他人の顔色を伺ったり、

媚びたり、

自分が我慢をして他人を持ち上げたり、

することが、

 

他人を大切にすること、ではない。と。

それらは全く逆効果。である、と。

 

 

 

 

ちょっと、どうでもいい例かもしれないんだけれども(*'▽')、

 

 

職場で、セールスの電話がかかってきたときの話。

 

私は、もう職場歴17年の、自称、電話取りのプロなので(^0^)、

セールス電話に心乱されることなく、

丁重に、数秒で、お断りするのだけれども、

 

このとき、

はっきりと、丁重にお断りできたときは、

 

こっちもとても気持ちがいいんだよね。

 

もうね、容赦なく、お断りするよ。

 

「この春に入社した新人で、御社の地区の担当になりましてご挨拶を」とか言われても、

「あぁ、新人さんだから、話を聴いてあげようか」なんて仏心を出すことなく(≧w≦)、

もうはっきりと、ぴしゃっと、丁重にお断りするよ。

 

相手は、ちょっと残念そうな声で、「そうですか」と電話を終えるけれど、

これが、お互いの一番の幸せのためだと思うんだな。

 

ここで私が、余計な仏心を出して、

新人さんだから、話を聴いてあげよう、私が練習台にでもなってあげようかな、

と、聴く時間を少しばかり捻出したところで、

 

・私の仕事の時間のロス。

・新人さんの仕事の時間のロス。

・時間を使ったけれども、契約には絶対に至らないという、労力のロス。

・私は本当は聴きたくないのに、聴いてやったんだという、

変な「貸し」を作った感。

・私は時間を奪われた、という気持ちの悪さ。なんとなくの、イライラ感。

・契約につなげようとする相手と、契約には乗るもんかという私の駆け引きの妙な気持ち悪さ。

 

 

なんかが残って、

いいことなんて何もない!!

 

新人さんの営業の練習なら、

それが聴ける人、それを聴いて心地よい人のところでやってもらった方が、

何百倍も、良いと思う。

 

私が犠牲になって、「貸し」を作ってあげたところで、

誰の何の得にもならないんだ。

 

それなら、さっさと、気持ちよくお断りしてあげる方が、

自分のためにも、相手のためにも、良いと思うんだよね。

 

自分がどうしたら心地よいかを優先することが、

結果的に、

相手のためにもなっているんだと思うんだ。

 

もちろん、お断りするときは、

失礼な態度とか、ぶっきらぼうな態度とか、迷惑そうな態度とかでは

断らないよ。

そんな断り方をしたら、

自分も気持ちが良くないからね。

 

あくまでも、優しく、丁寧に、

「こちらには必要がない」ということを、早い段階で’(電話取って数秒で(≧w≦))

はっきりと、伝える。

 

そこに、遠慮も罪悪感もいらない。

 

 

これなんだと思った。

 

まぁこれは、業務として、「セールス電話はボスに繋がずお断りする」というのが、

私の仕事でもあるから、

何の迷いもためらいもなく、はっきりとやることができる、

というのもあるのかもしれないけれどね。

 

 

 

 

 

 

でもこれ、普段の生活でも、

当てはまるのかもしれない。

 

 

自分は何が欲しくて、何が要らないか

何が心地よくて、何が心地よくないのか

はっきり自覚して、それを取捨選択する。

それが、自分が自分を大切にする、ということ。

 

そして、それを、罪悪感なく、

はっきりと、あっけらかんと

伝える、ということ。

 

これが、自分も他人も、大切にする、ということ。

 

 

自分の心地よいを優先することが、

結果的に、一番、相手のためにもなるんだと思う。

 

 

 相手を大切にするということ。

それは、決して、

相手の顔色を伺って、

自分が我慢をすることじゃないんだね。

 

自分が我慢して耐えて、

相手も、私の我慢に答えてゴリ押しして、

結局、両方が、疲れてってなると、両方ともに、何もいいことが無い。

お互いが、自分のサイコーの活躍の場で、

活躍できる場で、活躍した方が、良いもんね。

そのためには、こちらがきちんと、意思表示をする、ということ。

それが、結果的に、相手のためにもなるということ。

 

 

 

 

自分の「心地よい」は何か、

自分が知って、それを、自覚している、認識している、

ってことなんだろうね。

 

自分を大切にすることが、

周りも幸せにするのだから、

何の罪悪感も遠慮もなく、

自分の心地よいを、選択していけばいい。

 

そうしているうちに、勝手に、周りが、

心地よいように、回っていっているような、気がする(*'ω'*)。

 

f:id:happy-v:20190621204457p:plain

 

 

 

 

 

 

*このブログはリンクフリーですが、一言声をかけていただけるとめっちゃ喜びますヽ(´▽`)/