/*リンクは別ウインドウ*/

自己満足で勝手に楽しむ日記

楽しいことの寄せ集め。

いつのまにやらショパンの年齢を超えていたという!!(笑)

公民館でピアノを貸していただいて、

週一で練習する日々。

以前、一回の練習はだいたい1時間半程度で満足していたので、

ずっと2時間枠のレンタルをしていたのだけれども、

なんだか最近は、2時間では足りなくなってきた感がある。

 

借りるのは1時間単位なので、3時間借りるか?

いや、3時間は多すぎるような気もするし。

いやいや、現役の時は、発表会前とかは3時間ぐらい結構弾いていた気もする。

 

このペースでいくと、平気で3時間、借りたりするようにもなるのかな。

発表会前でもなんでもないのに、

ただ、流し弾いているだけのお遊びなのに、

だんだん熱量が上がっていっている気がする。

 

 

 

 

今日、ふと、コルトー版のショパンの楽譜を見ていて気づいた。

 

いつの間にかに、私、ショパンの年齢を超えていたんだなぁ。と。

 

 

子どもの頃、作曲家さんは、誰もが、随分なおじさん(笑)に見えた。

 

それが、

 

今日、なにげなく、

楽譜の表紙に印刷してあるショパンの写真を見て、

若い!って、

思った。

 

ショパン、お肌ピチピチじゃん!って(笑)。

 

調べてみると、ショパンは39歳で亡くなっている。

若い間に、随分、たくさんの数の名曲を遺してくれたんだなぁ。

 

モーツアルトも、ショパンも、短命で有名だけれども、

命は短くても、

遺して行ってくれたものの偉大さを思うと、

私にとっては、人の何倍も生きてくれた感がある。

 

不思議なんだけれども、

ほんと、飽きないんだよね。

 

小学生の頃に出会ったショパンの名曲を、

私は今まだなお弾けなくても(笑)、

ずっと、弾けるようになりたい!と思い続けて、

ずっとチャレンジし続けて、

 

気が遠くなるほどの

のろのろペースではあるけれども、

飽きて辞めることなく、いつまでもいつまでも、

チャレンジし続けることができるんだ。

 

現代のポップス曲だと、なぜかこうはならなくて、

すぐに飽きてしまって、練習する気が起きなくなるんだけれども、

 

ショパンの曲だけは、

何十年でも、飽きないんだ。

 

まだ完成はしないけれども、

なんかね、私が死ぬまでには弾けるようになる気が、やっと、最近、してきた(笑)。

 

だからね、練習するのが、とても楽しいんだ。

練習するのが、気持ちがいいんだ。

 

相変わらずの、気が遠くなるほどののろのろペースの進歩だけれどもね(*'ω'*)。

 

 

こうしていくうちに、私も年を重ねて、

私にとって、あらゆる作曲さんたちが、

「すっごい年上のおじちゃん」から、「若造」になっていくのかもしれんな(笑)。

 

おお。若い衆。よくそんな若い年齢で、

こんな名曲を遺してくれたよなぁ。って(笑)。

 

f:id:happy-v:20180425202601p:plain

 

 

 

 

 

まだ、かろうじて、ベートーヴェンの年齢は超えていない(*'ω'*)。

 

 

 

 

 

にほんブログ村 クラシックブログ 独学ピアノへ
にほんブログ村

*このブログはリンクフリーですが、一言声をかけていただけるとめっちゃ喜びますヽ(´▽`)/