/*リンクは別ウインドウ*/

自己満足で勝手に楽しむ日記

楽しいことの寄せ集め。

恐れ発で動く人と愛発で動く人と

気が付いた。

世の中には、「恐れ」発で動いている人と、「愛」発で動いている人がいる。
I find that there are some people who move for terrible and who move for love.

 

以前の私は、

私も怖いから、

「恐れ」発の人の話を聴いて、

「怖いことにならないように」という思いを原動力に動いていたけれど、

 

最近、どうも、顕著に違和感を感じるようになってきた。

 

 

 

 

人を集める力というものは、

もしかしたら、「恐れ」発の方が強力なのかもしれない。

 

「こうしないと、こうなりますよ。

このままでは、こうなってしまいますよ。

あなたのそれ、間違っていますよ」

 

と脅されると、怖くなって、

私もそうならないように、しなきゃ!!!と、

あせって、

言われるがままに、頑張ろうとしそうになっていた。

 

 

それが、もう、「恐れ」発の脅しに対して、

「もう、いいや」って思えるようになってきたかも。

 

近寄りたくない。

 

 

 

 

世の中には、

脅しではなくて、

「こうしたら、こんなに楽しくなったよ!」

と、楽しそうに生きている人もいる。

 

気が付いたら、そっち方向に、

自分が進んでいることに気が付いた。

 

 

 

なんでこんなに違和感感じるのかな、と思ったら、

脅し系は、

「あなた間違っていますよ。私が正しいです」

っていう、最初から、前提として、

私が下に設定されているのを顕著に感じるからだと

思った。

 

 

「脅し系」も、結局、目指している所は同じで、

「愛」のある世界なんだと思う。

良いようになりたい。一緒に幸せになろう。救ってあげるよ。

そんな思いが根底にはあるんだろうけれども、

 

最初の前提が、

「あなた、まちがっているから、このままでは大変なことになるよ」

なのか、

「あなたの方法もいいけれど、こんな世界もあるよ」

なのか。

 

どっちのアプローチの仕方の方が、

受け入れやすいか、人によって違うから、

両方存在する意味があるのかもしれないね。

 

 

 

どっちのアプローチが、好みか、なだけなのかもしれない(^-^。

 

 

「恐れ」の先にある出来事に対して、

そうなってもいい、って思ったとき、

「恐れ」の先が、怖くなくなって、

「恐れ発」の脅しに、怯えなくなるのかもしれない。

 

 

 

*このブログはリンクフリーですが、一言声をかけていただけるとめっちゃ喜びますヽ(´▽`)/