/*リンクは別ウインドウ*/

自己満足で勝手に楽しむ日記

楽しいことの寄せ集め。

お母さんも、お母さんのお母さんも、ああ見えて、みんな幸せなんだ。

色んな人が色んな事を言っているけれど、

結局は、どれもが、

 

お母さんが幸せでいればいい。

 

って言っているよね(*'ω'*)。

 

お母さんがニコニコ幸せでいさえすれば、

子どもも、夫も、

誰もが幸せになる。

 

家庭の太陽は、お母さんなんだよ。って。

 

お母さんのご機嫌は、責任重大なんだ!(^0^)。

 

 

んでね、

じゃぁ、お母さんのお母さんはどうだったか?

って思ったとき、

 

「お母さんのお母さんは、

不幸そうだった。

いつも辛そうだった。

しんどそうだった。」

とかって、お母さんが思ったら、

 

その瞬間に、お母さん、

悲しくなるよね。

 

そしたら、

そのお母さんの家庭の

子と夫も、悲しくなるよね。

 

これ、そのままにしていたら、

やばいじゃん。

お母さんのご機嫌は責任重大なのに、

お母さん、ご機嫌損ねていたら、

みんなに影響するじゃん。

 

 

 

だから、

 

お母さんのお母さんが、

実際どう思っていたかは分からないけれど、

 

「お母さんのお母さん(おばあちゃん)」も、幸せだった。

ああ見えて、幸せだった。

 

そういうことに、しても、

いいんだと思う。

 

「お母さんのお母さん(おばあちゃん)」は、「お母さんのお母さんのお母さん(ひいばあちゃん)」を、かわいそうだったと言っていたけれど、

「お母さんのお母さんのお母さん(ひいばあちゃん)」も、

ああ見えて、本当は、幸せだったんだ。

 

そう信じてみたらいいのかもしれない。

 

 

お母さんのお母さんのお母さんのお母さんの・・

って、エンドレスで先祖辿って行っても一緒(^ω^)。

 

先祖代々の、

「かわいそうの連鎖」を、

どこで断ち切るか。

 

決めるのは、自分しかいない。

 

先祖代々、幸せだということにしたら、

あら不思議。

 

かわいそうな人って、誰も居ないってことに気づく。

 

お母さんも、幸せだし、

お母さんは、先祖にも誇りを持てる。

 

お母さんがご機嫌だと、

子供も夫もご機嫌になる。

 

 

どうせ、先の先のご先祖様の本心は、

分からないのだから、

勝手に、そういうことにしてしまって、

子孫みんな、シアワセになろう(^ω^)。

 

f:id:happy-v:20190920214003p:plain

 

 

 

 

 

 

*このブログはリンクフリーですが、一言声をかけていただけるとめっちゃ喜びますヽ(´▽`)/