/*リンクは別ウインドウ*/

自己満足で勝手に楽しむ日記

楽しいことの寄せ集め。

男女の陰陽「女はご機嫌で沈黙」を実践するには

男女の陰陽について語るとき、

真っ先に出てくる定番の言葉。

女はご機嫌で沈黙」。

 

これね、何が難しいかって、

私は、「沈黙」の部分がめちゃくちゃ難しい(≧w≦)。

 

女は本来、おしゃべりな生き物なのじゃ(*'▽')。

 

夫と長年過ごすうちに、

夫の対妻スキルが上がって、

夫が聴き上手になっていたら、

これ、ますます難しい( ̄▽ ̄)。

 

ついつい、たくさん喋ってしまう。

喋り始めると、止まらない!!(笑)。

 

そして後から、しゃべりすぎたかも!!!と気づく(*'ω'*)。

 

 

それでね、これ、実践していて気づいたのだが、

自分の中に、なんらかの「不安」や「心配」があると、

無駄なおしゃべり(笑)は、加速するね。

 

喋って、どうにかこの不安や心配を、解消しようとしているね。

密かに、人に、不安を解消してもらおうとしているね。

 

これね、たぶん、解消する場所が、

違うんだよね。

 

これやっているって時点で、

女はご機嫌で」の部分が、損なわれているってことなんよね。

 

 

不安は、ぶつける前に、

自分でどこかで解消してくるのが、得策なんだろうね。

 

不安をぶつけている時点で、

相手に不安があったり、信頼できていなかったりする、

ってことなんだもんね。

 

気がついた気がついた。

 

不安を解消したくてぶつけて喋りまくると、

その瞬間は、気持ちが良くてすっきりするかもしれないけれど、

これは、何だか違うぞ、と思った。

 

そもそも不安になる土俵に、乗らなければいいんだ。

 

私のやるべきことは、

不安になる土俵に乗らない工夫をすること。

その努力を、最大限にすることなんだ、

と思った。

 

不安の種を喋り倒してすっきりすることではない(´◉◞౪◟◉)。

 

 

「この不安、どうにかしてー!!!

私を分かってー!!」じゃないんだ。

 

 

きっと、他の努力は一切要らない。

要るのはたった一つだけ。

自分を不安にする土俵には乗らずに、

自分を快適にする所に行くこと。

 

たぶん、

これができていれば、何をどういうやり方でやろうとも、

目の前に見える人の「やり方」「行動の方法」って、

実はそれほど大きな問題ではないし、気にならないんだと思う。

 

自分の「在り方」さえ整っていれば、

どのような手段や方法を取ろうとも、

大丈夫なんだと思う。

 

 

もちろん、

「一緒に「不安」を解消していく」ということを、
絆を深める手段にする、

という考え方もあると思う。

 

それはそれで、いいと思う。

どんな位置が自分たちにとって、快適か?

 

 

 


目の前に起きているように見える問題は、
それ自体は本当は問題ではなくて、

たいていダミーだったりする。

 

向き合う対象は、問題そのものではなく、

自分の中だったりするのかも。
自分を配置する位置だったりするのかも。

 

 

 

 

f:id:happy-v:20190822071018p:plain

 

 

 

 

 

 

 

*このブログはリンクフリーですが、一言声をかけていただけるとめっちゃ喜びますヽ(´▽`)/