/*リンクは別ウインドウ*/

自己満足で勝手に楽しむ日記

楽しいことの寄せ集め。

ついに行ってきたよ。佐藤ママの講演会(笑)!

申し込み前から散々揺れて、申し込んだ後も、

そして、参加権の抽選に当選した後も、

行く直前まで、行くかどうか揺れていた佐藤ママの講座。

 

直前に、他の講座と重なったから、行けなくなったかと思いきや、

時間差で、30分遅れての参加だったけれど、ついに

講座に参加してきたよ。

 

私がこのタイミングで佐藤ママに出会ったのは、必然だったのかもしれない。

以前は全く気にならなくて素通りしていた存在なのに、

このタイミングで、ひっかかったのは、

私たちの人生に影響があるくらい、意味があったのかもしれない。

 

それくらい、私にとって、この方の出現は、

心を揺さぶる大きなものだった。

この数週間、私の心は、ものすごく揺れた。

 

最初は、全く、何にも思っていなかったんよ。

何年か前に本屋で本を見た時は、何とも思わなかった。

ただの、世界の違う人、と思っていた。

やり方が真逆だから、触れないわ~、って思っていた。

 

それがね、子が小学校6年生のタイミングで、

子の小学校の個人懇談会の後で成績表を見た後のタイミングで、

私が取り組んでいた私の試験が終わって一息ついたタイミングで、

 

何故かネット上で目に入ってきた佐藤ママの存在。

そしてその翌日、職場で取っている新聞折込チラシに、

佐藤ママの講演会のお知らせが入っていて、

家の近所で休日に開催されるという。

 

 

 

中学受験をしたけれども全落ちした私と、

中学受験をしないことにした子。

小6のこの時期。受験生にとっては追い込みの時期。

子の状態を、自分の過去と照らし合わせてしまって、私は心が揺れていた。

 

 

佐藤ママのやり方は、自分が普段学んでいるアドラー心理学とは、

相反するやり方のように見えた。

だから、聴きに行くのが怖かった。

行くなら、アンチのつもりで行くぞ、と思っていた。

 

抽選に外れたら、「行くな」ということで、

行かなければいい。

抽選に当たったら、「行け」ということだ。

そう思って、申し込んだ。半分、外れたらいいのに、とか思っていたら、当選した(笑)。

 

 

最初はね、全然違う世界のことだから、

「子育てをする母」として聴きに行くのではなく、

私の趣味の(笑)「勉強法」だけを聞いて来るつもりでいればいい、

って思っていたんだけれども、

 

ネットで佐藤ママのことを調べているうちに、

色んなご家庭の教育お悩み相談がたくさん目に入ってきて、

ものすごく不安になってきた。

こんなの、アドラー心理学をやっていると、

どう対応したらいいか、簡単に分かるけれど、

いざ、自分がその立場に立った時、

学んできた心理学でさら~っと流せるだけの軽いものではなくて、

 

私の中に蓋をして隠してきた怨念や執念(笑)みたいな思いが、

ぶわ~っと湧き出てきたんだ。

 

最初は、失礼だけれども半分、冷やかしのようなつもりだったけれど、

だんだん、試練に立ち向かうような感じになってきた(笑)。

ただの講演会の参加なのに(笑)。

 

開催の3日前に、運よく(笑)、他の講座が同じ日にあることを知った。

こっちの講座も、とても貴重。だから、一旦は、この講座に行くことにした。

この講座の終了時刻が、佐藤ママの講座の開始時刻。

当日、両方行くか、片方だけ行くか、どちらかを半分聴くか、

もうそれは、当日の自分に任せようと思った。

 

前置きだけで長編になったので、

続く。

 

f:id:happy-v:20190416194448p:plain

 

 

 続き

happy-v.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

 

*このブログはリンクフリーですが、一言声をかけていただけるとめっちゃ喜びますヽ(´▽`)/