/*リンクは別ウインドウ*/

自己満足で勝手に楽しむ日記

楽しいことの寄せ集め。

【BOOKレビュー】『大人のための数学勉強法』と『東大教授の父が教えてくれた頭がよくなる勉強法』永野裕之

著者は、数学のプロであり、JAXAで研究をしていらしたり、

ソムリエだったり指揮者だったり。

  

前回読んだ本の著者と同じように、この方も多才な方。

 

両著者に共通しているのは、

「勉強のモチベーションは、「成長したい!」という、

自分の底から湧く飢餓感から生まれるということだ」と言っているところ。

 

今回読んだ2冊は、「国語好きこそ数学好き」だということが始終述べてあり、私の数学欲を大いにかきたててくれるものだった。 

大人のための数学勉強法 ― どんな問題も解ける10のアプローチ

大人のための数学勉強法 ― どんな問題も解ける10のアプローチ

 

 

 

東大教授の父が教えてくれた頭がよくなる勉強法 (PHP文庫)

東大教授の父が教えてくれた頭がよくなる勉強法 (PHP文庫)

 

 

著者は、「国語が好きで、数学ができないってことはないはずだ」、と言う。

私は、計算が面倒くさくて算数は好きではなかったけれど、中学以降、文字が出てきた頃から数学が好きになっていったような気がする。

「証明」が出てきたときには、「これ、国語じゃん!答えが分かっていることを説明する」って、国語と同じじゃん!!

って感動した。

 

まさに、それと同じことが、この本に書いてあった。

 

 

途中を省かずに、コツコツと丁寧に「証明」をしていく作業が、

作文をするときの感覚と似ていて、

面白いと感じた。

 

真っ白な答案用紙に、一から証明を書いていく作業は、

まだ何も書いていない原稿用紙に言葉を埋めていく作業と似ていて、

その感覚が、好きだった。

 

 

 

数学は、国語である、と。

 

ただ、私のやり方は、やり方や公式や定理を丸暗記する方法だったから、

応用問題が解けず、文系数学で頭打ち。

暗記で解いていたから今ではすっかり忘れている。

 

この方の言う数学の勉強法は、

まさに、理系の夫が言う数学のやり方と同じ、

 

暗記をしない

 

というやり方。

 

 

常に、「何故か?」を考える世界。

 

定理も公式も、丸暗記ではなく、

それが生まれた過程を、「証明」から辿ることで、

理解する。

そういう勉強の仕方をしていると、

 

「論理的思考」が身に着くという。

 

 

この、「論理的思考」を身に着けることが、数学を学ぶ一番の目的だという。

 

これを読んで思ったのは、

私は、数学的思考の仕方というよりも、

国語力と暗記だけで、数学をやってきたのかもしれないな、ということ。

 

解法を覚えるのではなく、

考える。理解する。

 

うちの夫は、常に「何故だ?」「何故だ?」と問う生き方をしているが、

まさにこれが、

著者の推奨する勉強法であり、考える力を付ける、

本当の学力をつける方法なのだと思った。

 

 

国語力を、主に小説と物を書くことで身に着けた私の数学は、

論理的というよりも、

むしろ感情的。

論説文ではなく小説的なやり方なのかもしれない。

 

「証明」問題を解くときのように、

ゴールが決まっていてそこに向かって文字を紡いでいくというやり方を

することも、たまにはあるけれど、それは稀で、

こういうやり方をするのは、特に意識したときだけ。

 

殆どが、

書き始める時にはゴールがなくて、

書きながら書いていくことでゴールを見つけていく書き方。

 

これ、数学的なやり方ではないんだろうな。たぶん。

 

私の書く文章は、論理的というよりも、たぶん、感覚的。

 

 

 

 

 

国語と数学が繋がっているのなら、

 

逆もありえるということなんだろうな。

 

数学が得意な人は、国語力もある、と。

 

数学的感覚で国語が好きになった人と、

国語的感覚で数学が好きになった人とは、

きっと辿り着いている所が、全然違うんだろうな。

 

 

 

 

 

この方の推奨して言える勉強法の一つに、

学んだことを、「自分の言葉」で表現する、「人に教える」というのがあった。

 

このブログもそう。

私が、私の受け取った内容を、アウトプットしている。

 

だから、この内容が間違っているかもしれないし、

作者の意図とは全然違うことを書いてもいるかもしれないけれど、

 

こうして自分の学んだことを、表現する、人に伝えるということは、

とても有効だと、私も感じているので、

 

コツコツとブックレビューも書いていく。 

 

 

 

*このブログはリンクフリーですが、一言声をかけていただけるとめっちゃ喜びますヽ(´▽`)/