/*リンクは別ウインドウ*/

自己満足で勝手に楽しむ日記

楽しいことの寄せ集め。

分かってもらいたいと思うか思わないか

私が特殊なのかどうなのかよく分からないけれど、

 

人と人との関係が、

 

近ければ近いほど、

しんどくて、面倒なものになり、

 

ほどほどの距離感があればあるほど、

気楽で、付き合いやすい

 

という気がする。

 

これを私は、勝手に、人間関係の「ドーナツ化現象」と呼んでいるのだが、

私の濃い友達は、自分の周りぴったりよりも、

真ん中がすっぽり抜けた、ほどよい距離に居る人の方が多い。

 

私は、近所のママ友よりも、

少し遠くに住んでいたり、世代が少し違ったりする友達の方が、

付き合いやすかったりするし、

何の繋がりも無く、

旅行中に初めて出会った人と話したりするのとかも、

割と好き。

 

 

 

その理由が、少し分かったかもしれない。

 

 

関係性が深くなると、

関係性が近いと、

分かってもらいたい!!」という気持ちが強くなるんだ。

誤解されたら解かなきゃ!という気持ちが強くなるんだ。

 

だから、

「分かりたい」よりも「分かってもらいたい」

が強くて、

その相手との関係性は、なんだか難しくなっていく。

関係性が10年を超えたりしてお互いが、熟知して、遠慮が無くなればなくなるほど、

それは強化される。

 

 

 

一方。

 

初対面の相手や、その場限りの相手、

距離のある相手や、別に、誤解されても困らない相手に対しては、

 

「分かってもらわなきゃ!」なんて思わない。

少々間違って伝わっていても、

ま、いいか~と思えるし、

 

気楽に、話が聴ける。

気楽に話せるんだな。

 

 

 

親しき中にも礼儀あり、とは言うけれど、

親しい相手こそ、距離感を取った方がいいのだということを、実感する。

 

 

親子や夫婦は、距離が近すぎる分、

一番、難しかったりする。

 

 

分かってもらえなくてもいい、

っていうふうに、どうやったら思えるようになるかな。

 

最初っから、どうせ、分かってもらえることなんて無いのだと、達観していたら、いいのかな。

 

人は、見たいように見るのだから、

どれだけ説明したところで、

全て分かってもらうことなど、無理なこと。

 

 

そのことに早く気が付いて、

土俵から早く降りること、なのかな。

 

f:id:happy-v:20191026203353p:plain

 

 

 

 

 

*このブログはリンクフリーですが、一言声をかけていただけるとめっちゃ喜びますヽ(´▽`)/