/*リンクは別ウインドウ*/

自己満足で勝手に楽しむ日記

楽しいことの寄せ集め。

相手の関心に関心を持つ

アドラー心理学では定番の用語。

「相手の関心に関心を持つ。」 

This is the famous phrase for individual pshychology.

"Interested in the interest of the partner".

 

このフレーズを知って、もう何年にもなるのに、

その神髄を、全く理解できていなかったということに気がついた。

Although several years have passed since I have heard this phrase,

I find that I can't recognize the core of this phrase.

 

 

「相手の関心」に関心を持つ

ということは、

「相手」自身にではなく、

「相手の関心」に関心を持つ、

ということ。

 

ということは、

相手が、ゲーム好きだったら、自分もそれに関心を持って、

ゲーム好きになろうぜよ!

自分、全くプロレスに興味が無いのに、

一緒にプロレスに関心を持とう!!

というような受け取り方をしていたため、

そんなの無~理~!!
一応頑張ってはみるけれどやっぱムーリー(≧w≦)
となっていた節があった。

 

それ、たまたま自分も関心が持てたらいいけれど、

持てない分野の時は、頑張っても無理だし、

その頑張っている様子を見て、

相手が、「ああ、関心が無いのに関心があるように努力してくれているんだな」とちょっとばかり哀れんでくれて、慈悲の念で感じるような愛なのか、

自分と同じ物に興味を持とうとしてくれている愛!!なんて深いんだ!!

というような理解の仕方・・・(笑)。

 

全然違ったでよ!!(・-・)

 

「相手の関心に関心を持つ」とは、

相手の目で見て、相手の耳で聞き、相手の心で感じる

 

自分がその立場に立って物事を見る、ということ。

 

 

「相手に関心を持つ」だと、

相手「自身」に関心があるから、

相手の行動を監視してしまうことにもなるそうな。

 

そうではなく、

 

「相手の関心に関心を持つ」。

「関心」に「関心を持つ」。

 

相手には、

どんな面が見えて、どんな風に聴こえて、どんな風に感じているんだろう。

 

そこに興味を持つ、ということ。

 

 

 

 

とてもいい例が載っていた。

 

人が職場の文句を言っていた時。

「相手自身」に関心があると、

 

その人の言動の中身に注目して、

その文句、おかしいんじゃない?と思ったり、

考え方に突っ込みを入れたくなることもあるかもしれない。

 

だが、

 

「相手の関心」に関心を持って、

「相手の目で見て相手の耳で聴いて、相手の心で感じる」と、

表面的な事柄には関係無く、

この人は、「職場環境を良くしたい、もっと心地よい状態にしたい」

というような思いの上で、文句が出ているのだということに、

 

聴き手であるこちらが、気がつく。

 

 

文句の基盤にある、愛を、見つけることが、できるんだね!!!

 

 

相手の立場に立つ、ということは、

相手の愛の気持ちに、気がつく、ということ!!!

 

表面的な目の前の状態に左右されず、

物事の本質を見に行くという行為。

 

これは、世紀の大発見!!ヽ(´▽`)/

 

 

 

アドラー心理学は、何年も掛けて、自分の人生とともに、

実感しながら学んでいく物なのかもしれないなぁ。

 

文字面だけでは、なかなか理解できないことも、

人生の経験と共に、少しずつ理解していく。

 

だから、何年学んでも、新しい発見があるんだなぁ。

 

f:id:happy-v:20190409072303p:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*このブログはリンクフリーですが、一言声をかけていただけるとめっちゃ喜びますヽ(´▽`)/
↓公告をクリックしてくださったら、私に1円入るかも(ᵔᗜᵔ*)