/*リンクは別ウインドウ*/

自己満足で勝手に楽しむ日記

楽しいことの寄せ集め。

自分のコントローラの管理者

「自分のコントローラーは、

他人ではなくて、自分が握っているのだ」、ということを、

 

親が、まさに体現していたら、

 

子も、

「自分の人生は、

自分が自分で責任を持って、切り拓いていくものだ」、

ということを、

当たり前のように、知るのだと思った。

 

 

誰かのせいではない。

誰かが幸せにしてくれるわけでも、

誰かが楽しませてくれるわけでも、

誰かが苦しませるわけでも、

なくて、

 

自分が、「取りに」行っているのだということ。

 

自分の責任だということ。

 

 

もし、

他人の行動が、自分を腹立たせるとしたら、

その他人の行動から、自分は「自分を腹立たせる」という選択肢を、

無意識のうちに、選択している、ということ。

選択しに行っているということ。

取りに行っている、ということ。

 

受け取りたいように受け取って、

理解したいように理解しているということ。

 

 

人は、人にやらされて生きているのではなく、

自分が生きたくて、生きている。

やりたくて、やっている。

 

やりたくないことをやっているようでも、

やりたくないことをやる、ということを、「選んで」いる。

 

 

それを知ると、

自分も、人の選択に介入する気が起きなくなるし、

人に、自分の選択へむやみな介入をさせないでいることができる。

 

コントローラーを、奪われずにいられるようになってくる。

自分の世界を、自分で保ち続けることが、できるようになってくるんだね(^-^)。

そんな風に、感じた。

 

f:id:happy-v:20190623145731p:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*このブログはリンクフリーですが、一言声をかけていただけるとめっちゃ喜びますヽ(´▽`)/