広島の弁護士事務所で働く母が、お家に帰って勝手に楽しむブログ

楽しいことの寄せ集め。自己満足プライベート日記

「エリーゼのために」を弾けるようになりたいからピアノを習いたいという子

子に対しての課題の分離って、やっぱり難しいなぁ。

 

せっかく子がピアノ習いたいって言い始めたのに、

よくよく聞いてみると、

エリーゼのためにだけが弾けるようになりたいだけで、

その前後の練習とかは、やりたくないと言う。

 

私がピアノを始めたきっかけも

エリーゼのために」が弾けるようになりたい、だったけれど、

親はピアノを習ったことが無かったら、

ピアノ教室に私を連れて行くだけだった。

 

基礎練習をしっかり積んで、

実際に「エリーゼのために」を弾かせてもらえるようになるのは、

数年後、

だということを、当初の私は知らなかった。

親も知らないから、前情報を耳に入れることなく、

私のピアノ人生は始まった。

 

教室に入会してしまったら、もう、

何が何やら考える間もなく突き進むだけだったから、

エリーゼのために」以外は練習したくないだとか、

その前後の練習はどうだとか、

 

あんまり考えたことが無かったような気がする。

 

練習曲の合間に、自己流で「エリーゼのために」をかいつまんで弾いて、

小学生になってしばらくしてから、

先生に、これが弾きたい、と言って、

いつもの練習曲の代わりに、エリーゼのためにを入れてもらったことがある。

 

これで最初の目標はクリアしたのだが、

もうその頃には、「エリーゼのために」どころか、

もっともっと大量に、弾けるようになりたい曲の数が増えていたので、

気が付くと、ピアノは一生ものになっていた。

 

ピアノを習うとは、そういうものだと思っている。

 

それが、

全くピアノを習ったことが無くて、

突然、「エリーゼのために」だけを習いたい、って。

 

そんなの、大人や高齢者のピアノ教室だったら

よくあることかもしれないし、

そういうのだったら、私もレッスンして差し上げたいと思うけれど、

 

子どもでそれは・・・。

そんなの引き受けてくれる教室があるのか・・。

そんな、ピアノ業界をなめているし、

先生にも失礼ではないか・・・・

とか思うのは、

 

私が昔からの古典的なレッスンを普通に受けてきたからなのかもしれない

なぁ。

 

私もそうだけれども、

結局、趣味で、これで生計を立てるわけでもなんでもないのだから、

やりたいように、やればいいのかもしれない。

 

野球部で、入部したばかりの新人が、

いきなり試合に出させてほしいと言ったら怒られて、

最初は球拾いからだろ。って言われるのと同じように、

 

いきなり曲が弾きたいだなんて!!

最初はバイエルからだろ!(幼少時はバイエル以前の教本)
って、頭が固いのかもしれないなぁ。

 

 

って、こんなあれこれを(笑)、

私の親は知らないから私の耳に入れることもなく、

私は素のまま初めて教室の門をくぐったけれど、

 

うちの子は、なまじっか私に経験があるから、

上記の色々を伝えてしまうのよね(≧w≦)。

 

これが、かえって不要なのかもしれんな、と

 

せっかく興味を持ってやる気になっているのに、

業界の古い部分をわざわざ耳に入れて、

やる気を削ぐようなことしなくてもいいのに(笑)。

つい、言っちゃう(笑)。

 

前情報なしにレッスンに行ってみて、

自分で体験して、知ってもらったほうが、

子の学びになったのでは・・とか思うと、

 

あちゃ~(*'ω'*)。って思った(笑)。

 

 

中学受験についてもそう。

なまじっか、経験があるから、

前情報を子に伝えすぎてしまう。

 

実際に体験する体験の形も、

受け取る情報も、

私と子では、違うはずなのに、

 

やる前から、怖がらせてしまう(笑)んだなぁ(笑)。

 

ピアノを弾けるようになるのはとても

楽しいし、素晴らしいし、私は大好きだけれども、

ここまで来るまでに、コツコツと、長い長い年月をかけて

積み上げてくる必要があったんだよ~

みたいなことを、淡々と説いてしまう(笑)。

 

それはたまたたま、私がコツコツ型で、

コツコツやるのが好きで、

合っていただけのことで、

別にすごいことでもなんでもないのに、

 

ほぅら、大変なんだよ~。って言ってしまうのは

なんなんだ(笑)。

 

 

年配の人が、若輩の人に、

大変よぉ~

って脅す、お決まりのパターン(笑)。

 

これ、なんでやっちゃうのかね(笑)。

 

脅しって、不要だよね。

 

 

むしろ、いつも親が何も知らなくて、

自分でぽんっといつも新しい世界に飛び込めた私は、

ラッキーだったのかもしれんな。

 

そのおかげで、いっぱいいっぱい転んだけれど、

前情報におびえて、最初からチャレンジしない、

ってことは、あまりなかったもんな。

 

 

 

まぁ、私の脅しぐらいで凹んであきらめるようだったら、

その程度のものということか(笑)。

子は、本当に自分に必要なものは、自分で掴める。か。^^

 

 

 

人生は、楽しいし、なんとかなるし、

ちょろいもんだよって伝えたいはずなのに(笑)、

人生は、大変で、頑張らないと

成果が出ないもんなんだよ、って方向で伝えてまう(笑)。

 

それは、自分がまだ実際、そう思っているからなんだろうなぁ(笑)。

 人生がちょろい(笑)かどうかの検証は、まだ真っ最中で、経過途中だもんなぁ~(笑)。

f:id:happy-v:20180121080639p:plain

 

*このブログはリンクフリーですが、一言声をかけていただけるとめっちゃ喜びますヽ(´▽`)/