広島の弁護士事務所で働く母が、お家に帰って勝手に楽しむブログ

楽しいことの寄せ集め。自己満足プライベート日記

合気道教室も、分からないからやる。

昨日は、子と合気道教室に行って来た。

 

とってもゆるいお教室で、

月イチで、しかも、武道というよりも、

レクリエーションという感じ。

 

子は、体育館にあるボールを持ってきて、

ボールで遊んでもらったり、

じゃれあい遊びをしてもらったり、

という感じで、

 

たまに気が向いたら少し合気道の型をやってみる。

 

また少し遊んだら、また型をやってみる。

 

 

 

こんなゆるい教室他にないやろ!?というような、

子とお兄さんたちのお遊びタイム。

 

私たち親子以外に参加者もおらず(笑)、

子はふざけたりしてあまりまともに合気道の練習をしないので、

合気道の教室は、まるで私一人だけが受けているような、

マンツーマンレッスンかのような。

 

そんなゆ~るいゆ~るい教室なのだけれども。

 

一般の普通に厳しいお教室だと、

子が行きたがらないし、

別にこれが合気道でなくても、

お兄さんとのお遊びタイムでもいいかな、と思って通っている。

 

合気道の先生、

合気道らしいのか、よく分からないけれど、

力づくでどうにかしようとか一切なさらない。

子は、自由に過ごしている。

 

こんな体裁で、ぽつ、ぽつ、と、教室に参加していて、

私も、合気道がなんなのか、まだ全然分かっていない。

 

これ、何の意味があるんだろう??どこに効いているんだ?

何の動きだ??って思うこと多々あり(笑)。

 

まぁ、それでも、

きっと、何の世界でも一緒だ。

 

何の意味があるのか、

分からないから、やる。

 

何が面白いのか、

分からないから、やる(笑)。

ameblo.jp

 

分からないけれども、やっているってことは、

既に面白いってことだ(≧w≦)。きっと(笑)。

 

 

何がどう違うのか、ちんぷんかんぷんだけれども、

長年やっていらっしゃる先生や、お兄さんの動きは、

私たち素人とは全然違う。

何がどう違うのか、分からないけれど、

しなやか。

 

この、わけのわからない脱力の動きを、

何年も何年もやっていたら、

あんなにしなやかに動けるようになるのだろうか。

 

 

合気道の世界は、クラッシックバレエの世界以上に、

不可解で、分かりにくい気がするが、

 

この世界で、何十年もやっている人たちがいらっしゃるということは、

ここにも、

「分からないから、やる」という世界がある、ということなのかもしれないなぁ(≧w≦)。

 

f:id:happy-v:20170722165031p:plain

 

*このブログはリンクフリーですが、一言声をかけていただけるとめっちゃ喜びますヽ(´▽`)/