/*リンクは別ウインドウ*/

広島発・弁護士事務所事務員の母が、お家に帰って勝手に楽しむブログ

楽しいことの寄せ集め。自己満足プライベート日記

人生の目的を「治すこと」から「楽しむこと」へ

一つ前の日記を書いた後にふと浮かんできたこと。

(ブログは書くと、連鎖が起こるんだよね)

 

私が病院漬けで薬漬けだった頃。

 

生きる目的は、

「病気を治すこと」だったかもしれない(笑)。

 

何年か前まで、私は、

・病気を治すこと

・できないことをできるようにすること

・悪い性格やクセを治すこと

・お金をできるだけ節約してできるだけ貯めること

 

総じて、何かを改善すること

を常に目標にしていたような気がする。

 

 

これって、エンドレス。

 

 

 

 

それが、いつからか、

そのまんまでもういいや!ヽ(´▽`)/ 

 

病気に完治って無い。

性格に善悪は無い。

何かを治そうとする行為って、

もう、治すこと自体が目的になっていて、

その後って、永遠に来ない!!

完全に治ってから人生楽しもうと思っていたら、

永遠に、その時は来ない。

 

治さなくったって、もうその状態で、いいいじゃん。

もう実は、今の状態で、完璧なんだよ。

 

って思うようになって、

 

病院通いを止めた。薬を全部捨てた。

行くところを、「病院」から、「楽しむ所」へ変えた。

 

その頃から、自分は変わってきたような気がする。

 

 

喘息もアトピーも、持病として持ってはいるから、

通い始めると、これからも一生、病院に通うこともできるのだけれども、

敢えて、

それをやめた。

 

少々、調子が悪い日があっても、

あんまり気にしない。

自分を「病人」にしない。

 

そしたら、気づいた。

 

 

別に、どっちでも、人生なのだと。

 

常に病院に通い続けるのも人生。

行き先を、趣味の教室に変えるのも人生。

 

病院通いも、

趣味通いも。

 

どちらが「優」とかではないのかもしれない、と。

 

お年寄りが病院で病気仲間と会ってコミュニケーション取るのも、

趣味の集まりで仲間と会ってコミュニケーション取るのも、

実は大差ないのかも・・・・と。

 

どっちでも選べるよ。

 

 

私はもう、病院には通っていないだけ。

通わないだけ。

病気持ったまんまでも、気にせず

他のところにエネルギーを持っていっただけ。

 

たぶん、今も昔も、私の体自体は変わっていないのだと思う。

だけど今は、

病院に行く暇を作らないようにしている。

 

病院に行くと、また次、病院に通う理由を、

自分で無意識のうちに作ってしまうんだ。

本当、無意識のうちに。

 

「病人である自分」に、恒常性が働いて、

「病人である自分」の姿が普通になってくるんだ。

 

 

今の私は、病気知らずの

「元気に飛び回る自分」が普通。

 

もう、自分を、そういう存在にしてしまう。

 

そしたら、本当に病気にならなくなった。

 

 

これ、きっと病気だけの話じゃない。

 

 

愛される自分

お金持ちな自分

シアワセな自分

 

そういうのが「当たり前」の前提として、

もうそうやって過ごしてしまうこと。

 

準備ができていなくても、もうやっちゃう!ってこと。

 

もう、何も改善すべきことはない。

何も変えなくてもいい。

 

今の状態の自分で、充分なんだから。

何も改善しようとしなくていい。

 

 

人生の目的をシフトしただけ。

人生は、「治すため」にあるんじゃない。

何も、「治さなくていい」って。

 

 

人も自分も病気も性格も、きっと同じなんだろうね。

 

f:id:happy-v:20180720125901p:plain

 

 

 

 

 

*このブログはリンクフリーですが、一言声をかけていただけるとめっちゃ喜びますヽ(´▽`)/