広島の弁護士事務所で働く母が、お家に帰って勝手に楽しむブログ

楽しいことの寄せ集め。自己満足プライベート日記

ワーキングマザーこそ母乳育児。

なんだか突然、思いついたので、

久々に母乳育児ネタ。

 

春から、お子ちゃんを保育園に見てもらって、

職場復帰するワーキングマザーさんも多いんじゃないかな、と、ふと浮かんだので小ネタを^^。

フルタイム勤務のワーキングマザー歴9年。

母乳育児歴9年の私から。

 

職場復帰を機に、断乳しなければ!って

思っているお母さん、

母乳、やめなくて大丈夫かもよ!

 

てか、

やめないほうがいいかもよ!

 

もったいないから!!(≧w≦)。

あった方が、

めちゃめちゃ楽かもしれないから!!

 

少なくとも、我が家の場合は、

これがあるおかげで、めちゃくちゃ助かった。

 

f:id:happy-v:20160428102307g:plain

 

これは、うちの場合なんだけれども。

 

うちは、子が一歳半のときに、職場復帰した。

保育園に入園したばかりの頃、

初めての保育園で、

初めての職場復帰で、

母親自身も不安がいっぱい。

 

そんなとき、その不安を投影するかのように、

子も、熱を何度か出した。

保育園から、「お迎えコール」がかかってくる。

職場に復帰したばかりで、

育児休暇中の代行の人からの引き継いだ仕事がたんまりあったり、

自分自身も生活のリズムも急に変わったりして、

自分も疲れて体調が優れなかったりと、

まぁ、色んな事が、一気に自分の身に押し寄せてきたわけよ。

 

なんだか母子ともに、ボロボロになりかけた(笑)。

 

そんなとき、

 

 

母乳があると、

子の熱は、すぐに下がった。

なんなら、一晩中、

咥え続けて飲み続けていたりもした。

(私は寝たまんま^^)

すると、翌朝にはだいたい熱が下がっていた。

 

これには助かった!

自分もへろへろで、子の看病する体力がない。

病院に連れていくのもしんどい。

そんなとき、母乳さえ与えておけば、

勝手に治ってくれた!

これは助かった。

 

そんなわけで、

我が家は、子が生まれてから今まで、

一滴も薬を飲まずに育ててきている。

それは、母乳があったからなのだ。

 

なんだかんだ言って、3歳くらいまでは、

私も子も、何度か体調を崩したけれど、

1歳のときより、2歳のとき、

2歳のときよりも、3歳の時、

ど、だんだん、風邪を引いたり熱を出したりする回数が減ってきた。母子ともに(^^)。

 

というか、子が風邪をひくと、

必ず私も一緒に風邪をひいていたのだ(≧w≦)。

もう、必ず。100パーセント。例外なし(笑)。

あの頃は、まだ私も体が弱かったんだ(笑)。

今じゃ信じられないくらい頑丈で、職場一、健康だと言われているけれどね^^。

(前は職場で一番体が弱かった(笑)。
誰かが風邪ひいたら、もれなくもらっていた(笑))。

 

 

 

そして、子が4歳になった頃には、ほぼ1年中ずっと健康で、

園でインフルエンザが流行ろうとも、

ロタとかノロとか流行ろうとも、

子だけは一切かからず、無敵の体となり、

 

それと共についでに何故か私も健康になっていった。

 

6歳の頃には、1日も保育園を休まず皆勤賞ヽ(´▽`)/。

小学校もほとんど皆勤賞ヽ(´▽`)/。

クラスが学級閉鎖になろうとも、

うちの子はピンピンしているヽ(´▽`)/。

 

病におびえることがなくなって、

私も安心して仕事ができた。

 

仕事中にかかってくる保育園からのお迎えコールって、

恐怖以外の何物でもなかったからね~~(^^;)。

 

f:id:happy-v:20160428102307g:plain

 

とにかくとにかく私は、

今の職場が大好きなので、

絶対にやめたくない!!!って気持ちが強くて、

そのためには、

どうしたらいいか、

常に考えていた。

 

 

母乳育児の情報をネットで見つけて、

母乳が薬代わりになる、

というのを知ることができたのは、

とてもラッキーだと思った。

 

最初は、半信半疑だった。

でも実際やってみたら、

本当にそうなった。

 

 

 

 

と、こんな例もあるよ~(^-^)。

 

f:id:happy-v:20160428102307g:plain

 

よく、母乳育児の本とかに、

仕事の合間に搾乳したりして、

自分の乳量を調節したりする、とかいう記事も見かけたけれど、

 

私は面倒だったから、

何もしなかった。

 

何もしなかったけれど、

詰まったり、乳腺炎になったりしたことは一度もない。

子が飲んでいない時間に無理に自分で搾乳とかすると、かえってリズムが崩れそうな気がして、

やらなかったというのもある。

 

最初は、数時間経過すると張ったりもした気もするけれど、

そのうち、自分の体が、自分と子の生活リズムに

馴染んで、

すぐに落ち着いてきたように記憶している。

 

 

子は、長時間授乳時間が空くので、

お迎えに行ったらすぐ飲みたがった。

 

保育園の門を出たらすぐその辺の植え込みの

間とかに入り込んで、隠れて(笑)、

授乳をしていたなぁ。

子が、家に帰るまで待ちきれなかったんだよね。

 

 

f:id:happy-v:20160428102307g:plain

 

 

そんなこんなで続けてきた母乳育児。

 

9歳になった今ではほとんど飲まないけれど、

3か月に1回くらい、

思い出したように、飲みに来ることがある。

 

驚くことに、まだ出ているらしい。

 

 

職場復帰するからといって、

母乳はやめなくてもいいし、

邪魔になるどころか、

充分に活用できると思うから、

 

こんな人もいるよ~、と。

この記事にたまたま出会った人の小耳に(^-^)。

 

 

 

私が出会った母乳育児情報はここから。

mixi.jp

 

 

広告を非表示にする
*このブログはリンクフリーですが、一言声をかけていただけるとめっちゃ喜びますヽ(´▽`)/