/*リンクは別ウインドウ*/

自己満足で勝手に楽しむ日記

楽しいことの寄せ集め。

昨日の日記から派生した気づき

昨日の日記 

にコメントをいただいて、

コメント返しをしようとしたら、

また新たな気づきが雪崩のように降ってきて、

コメント欄に書き切れなさそうなので、もう一本ブログに書くことにした(≧w≦)。

 

気づき1)唯一無二で絶対な正解は、無いということ。

心理学を、色んな所に行って色んな人から、何年も学んできたけれど、

結局、

唯一無二、絶対な正解は、どこにも無いのだということ。

(当たり前のことかもしれないけれど、それを求めて暗中模索するのも人生(≧w≦))

 

 

自分がその瞬間その瞬間、どの方向に向かい、何を選択するか、

選ぶ」。

その選択の足がかりとなる「方法」はたくさんあるけれど、

結局、決めるのは自分。その結果を引き受けるのは、自分

ただ、それだけの繰りかえしなのだということ。

 

なるべく転ばないように、痛い思いをしないように、

前もって調べて調べて勉強して、色んな先人の話を聞いて回って

材料を集めても、

集まってきたものは、両極端のものが入り乱れる様々な生き方。

そして、そのどれもが、唯一無二の正解ではない。

 

そうなったらもう、自分が

何をどう選択したら快適か、生きやすいか、自分に問うて、

自分で決めて、

自分で行動して、

自分で責任を取るしか無い、

ということ。

 

自分の快適が、人の快適と同じであるとは限らない。

むしろ、自分は、人と違いすぎてドMな変態(≧w≦)なのかもしれない(笑)。

でも、そこに罪悪感を持って、「自分の方法」ではなく「人の方法」を選んだところで、

それが自分に合っていなければ、やっぱり、最後は、「自分の世界」に戻ってくる。

 

新たな方法を試してみて、その試すことさえも自分が責任を持って、

模索していくこと。

これの繰り返しなんだな、と。

 

学校の試験のように、マークシートで正解不正解が判定され、

唯一無二の絶対的な答えがある世界もあるけれど、

 

唯一無二の絶対的な答えが、無い世界の方が、

実は、多いのかもしれないね。

 

 

 

私は、性格的に、提出物を、提出期限よりかなり早く出さないと気が済まなくて、物事を、前倒し前倒しで準備する。

そのことに喜びと達成感を感じるタイプだけれども、

そんな齷齪(←あくせく。こんな漢字!(*'▽'))した生き方をしている人は、

ある集団の中では珍しがられ、

ある集団の中では当たり前だったりする。

 

所属する集団を移動する度に、なぜか異端感を感じて心が揺れたりしたけれど、自分は、どこに行っても自分であることには変わりないということ。

 

所属する集団を移動する度に、その集団の多数が選ぶ正解の形が変わる。

 

どこか一つの正解に、宗教のようにはまることを恐れ、

あちこちの世界を垣間見ようとする私は、

 

自分は、どこにも染まりたくない、

自分を持っていたい、

という思いが強いのかもしれないな。

 

いっそ、何かの宗教や一つの集団にはまって、

絶対的なカリスマを崇め、

唯一無二の正解をどこかに据えることができたら、

どれだけ楽かと思うこともあるけれど、

それができないのは、

世の中には唯一無二の絶対的な正解が無いということと、

自分の司令塔は、外には無く、

自分にしかない、ということを、

心の奥底のどこかで、私が信じているからなのかもしれないな。

 

 唯一無二の正解が無いから、

試行錯誤しながら人、は、色んな方向に、変わっていけるのかもしれないね。

 

楽に生きた方がいいよ~と言うけれど、

楽に生きる方がしんどい人もいる(*'▽')。

どれもが、自分で、選択している、ということ。

 

違いを、認めるということ。

 

誰の選択をも、尊重する、ということ。

 

f:id:happy-v:20210313151405p:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*このブログはリンクフリーですが、一言声をかけていただけるとめっちゃ喜びますヽ(´▽`)/
↓公告をクリックしてくださったら、私に1円入るかも(ᵔᗜᵔ*)