/*リンクは別ウインドウ*/

自己満足で勝手に楽しむ日記

楽しいことの寄せ集め。

秘書という仕事はボスのこだわりにいかに合わせられるか

パラリーガルというか、弁護士秘書というか、弁護士を補助する仕事をしている。

 

秘書という仕事は、

仕事効率よりも第一に、

自分がつくボスの性格や好みに、

いかに自分が合わせて適応していくか、

が大きいんだなと思った。

 

人によって、こだわる所が違う。

この部分は几帳面だけれども、

この部分はズボラ、

というのが、誰にでもある。

人の数だけある。

 

ボスがこだわる所は、例え、

効率が悪く思えても、

そこは、合わせる。

 

そこは合わせた上で、

自分はどう動くか、

そこが腕の見せどころなのかもしれないな。

 

事務所が変わって、

つくボスが変わって、

やり方の違いに戸惑ったけれど、

どちらが善い悪いではなく、

好み、の違いなんだろうな。

 

効率の良し悪しよりも、

ボスの好みや快適さ、

ボスの仕事のやりやすさに合わせるのが、

秘書の役割なんだよね。

 

だから、つくボスの数だけ、

対応方法があるんだよね。

 

まどろっこしいと思えても、

相手の快適さに合わせるのが、

仕事でもあったりする。

 


f:id:happy-v:20220112212851j:image

 

*このブログはリンクフリーですが、一言声をかけていただけるとめっちゃ喜びますヽ(´▽`)/
↓公告をクリックしてくださったら、私に1円入るかも(ᵔᗜᵔ*)