読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

広島の弁護士事務所で働く母が、お家に帰って勝手に楽しむブログ

楽しいことの寄せ集め。自己満足プライベート日記

STEP・STEP/TEENのラストから、自分の変化を感じた

STEPでもSTEP/TEENでもやる、

ラストの勇気づけ演習。

 

この「受け取り方」に、

自分の変化を感じた。

 

人から褒められたり長所を言ってもらったとき、

謙遜したり、

否定したり、

説明したり、

したくなって、以前はうずうしたりもしていたけれど、

それが無くなっていた。

 

人がどう評価するか、

 

に、あまり心を動かされなくなっている

自分に気づいた。

 

「そういう風に見ているんだね。」

 

ありがとうという気持ちはあるけれど、

 

そういう風に見える、見ている人の見え方の世界なんだ、

っていう感覚があるから、

 

褒められても、

なんだか、以前のように舞い上がったり、

そういう風に見られているのならば、

こうあらなければ!というような感覚も無かった。

 

評価はうれしいけれど、

 

それを眺めてニマニマしていた以前(笑)とは、

なんか違って、どこかクールな自分がいた。

 

評価は、評価された人のものではなく、

評価する人のもの

 

っていう感覚が、今、なんとなく、有る。

 

 

だから、

弁解や言い訳や説明って、

要らないなって思った。

 

そう見えているんだね。

 

それだけ。

 

 

f:id:happy-v:20160428102308g:plain

 

昔は、人の評価がすごく気になっていた。

 

だから、学校の先生が書いた通信簿だとか、

何度も何度も眺めて見てはニマニマしていた(笑)。

 

だが今は、

先生の評価って、所詮、先生の見え方の披露にすぎないって思うから、

 

子の通信簿とか、

なんかどーでもいいように思えて、

子にも、見たければ見ればいいし、

どっちでもいいよ~って感じで、

置いてある場所を伝えるだけで、

特に一緒に見て検討する、とかはしていない。

 

私があんまり関心がないからか、

子もあんまり関心ないみたいで、

 

そんなの全く気にする様子も無く

学校生活を楽しんでいるみたい^^。

 

 

人の評価、人の見え方を気にしないでいい世界って、

とっても楽だし自由。

 

人の評価を気にしないから、

人のことどうでもいいわけじゃなくて、

 

その方が、

 

自分も大切にできるから、

人も大切にできるのかもな。

 

どんな相手でも、何を出してきても、

尊重できる、大切に出来る。

 

 

見え方って、本当に面白いなって思う(^-^)。

どんどん変わっていくね。

 

 

 

 

広告を非表示にする
*このブログはリンクフリーですが、一言声をかけていただけるとめっちゃ喜びますヽ(´▽`)/