/*リンクは別ウインドウ*/

自己満足で勝手に楽しむ日記

楽しいことの寄せ集め。

怒らなくてもいい、問題を探さなくてもいい、のが当たり前の生活

気が付くと、いつの間にかに、

 

・怒らなくてもいい、

・問題を、わざわざ探さなくてもいい

というのが当たり前の生活になっている、ということに気づいた。

 

 

心配事、問題事を、

わざわざ、探してこなくても、いいし、

わざわざ探して解決することに生きなくても、

大丈夫なんだ、ということ。

 

こんな世界が、あったんだなぁ、って。

 

 

ふと気づくと、

だんだん、

困らなくなってきている自分が居た。

 

「問題を解決する究極の方法は、問題を問題にしないこと。」

 

この言葉と出逢って、

私の中で、問題事は、99%ぐらいが無くなったような気がする。

 

この言葉と、もう一つ、私のいつも使っている、

「人は、見たいように見て、理解したいように理解する。」

って

 

この二つが、私の中での最強コンビ。

 

これに、「私の周りはみんなダイヤモンド(笑)」

これを加えると無敵かも。

 

日々が、ものすごいおだやかに過ごせる。

 

 

そうしているうちに、

 

周りのことを信じすぎて、

困っている風な人がいても、

だんだん、問題にしなくなってきて(笑)、

それって、冷たくない?薄情じゃない?と一瞬思ったりもしたけれど、

 

それも大丈夫じゃん。と、それさえも問題にしなくなってきたから(^ω^)、

それさえも、問題でなくなってきた。

 

これって、

「課題の分離」ができるようになってきたってことと、

 

「目標の一致」が計れるようになってきた、ってことだなぁって思った。

 

 

一見、困っているように見える人が居ても、

その人の許可(「助けてもいいよ」or「助けてよ」)

がなければ、

勝手にこちらから助けようとすることは、できない。

 

差し出がましく、こっちから、

どうにかしようと、する必要ないし、

どうにかしようとしたら、変なことになる(*'ω'*)。

 

 

というのが、経験から、分かってきた気がする。

 

困ったちゃんな様子を見せていても、

それ、助けて!っていう意味じゃないことって、

たくさんあるんだね。

 

 

解決策は、自分で見つけて、自分で決めるから、

人に探してもらいたくないし、

人に決めてもらいたくない。

そんなものなのかもしれない。

 

 

その人は、それが経験したくて経験しているのだから、

邪魔されたくなかったりする。

その人の命の長さも、その人が、決めて生まれてきている。

 

 

そういう前提で生活をし始めると、

 

日常の中で、

わざわざ、問題点を探さなきゃ!っていう行為をすることが、

どんどん減ってくるんだね。

 

 

昔はね、

「生きること=問題点を探してきて改善していくこと」

のように思っていたよ。

 

だから、問題点、解決しても解決しても、

次々に探していたよ。

 

探さなくていいって、

こんなに楽なんだね。

 

そして、問題点、探して潰して行かないと、

ダメになるかと思いきや、逆だね。

もっと向上したい!っていう熱は、問題点以外のところから、

湧いてくる。

 

この考え方を、変だ!と思う人がいても、

それも、OKだし、
変だ!という権利もあるから、変だと言われてもいい。

変だ!と言われて、へこんでもいいいし、

へこまなくてもいいし、

 

ほんま、オールOKなんだなぁ、って思えるようになってきた。

 

f:id:happy-v:20190610070728p:plain

 

 

 

*このブログはリンクフリーですが、一言声をかけていただけるとめっちゃ喜びますヽ(´▽`)/