読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

広島の弁護士事務所で働く母が、お家に帰って勝手に楽しむブログ

楽しいことの寄せ集め。自己満足プライベート日記

『火の鳥4巻・鳳凰編』手塚治虫著

BOOKレビュー

絶賛、『火の鳥』読書中。

まだ途中なんだけれども、

4巻・鳳凰編。

片目・片腕の我王が、
仏師との鬼瓦の対決に負けた後、

もう片方の腕を切り落とされたとき、


我王は、抵抗もせず、怒りもせず、
ただ、切られるがままに腕を切られ、
そのまま静かに山に帰り、
そのまま静かに、両腕が無いから口で彫り物をする場面。


「怒り」も「業」も、
それは相手のものであり、
もはや一切、我王のものではない、というのが、
伝わってきた。




ひよこ



人が人を責めているとき、怒っているとき、

それは、相手に対するもののようで、
相手に対するものではない。
自分に対するもの。


自分が自分を責めない限り、
誰も自分を責め得ないのかもなぁ。


人の怒りや責めは、その人のもの。






私は、長年、人の怒りや責めが、

とても怖かった。

とにかく怖くて、怖くて、


避けることばかり考えてきた。


どうやったら、人を怒らせないか、
怒らせない方法ばかり考えていた。




人の怒りも責めも、

その人のもの・・、そう分かったら、


私は、もらわなければいい、


だだ、それだけのことだったね。




相手の、価値観だけ、考え方だけ「知って」、

それ以上は、もらわなければいい。
自分に取り込まなければいい。



迷惑かけた自分?


迷惑発生させたおかげで、
何かが生まれたよ。

役割が発生したよ^^。




人が怒っているときは、
相手の姿に、自分を重ね合わせているだけ。

あなたのものじゃないよ。



同時に、あなたの怒りも、
人のものじゃないよ。
相手の姿に、自分を重ね合わせているだけ。


そんな風に感じた(^-^)。


【楽天ブックスならいつでも送料無料】火の鳥(4(鳳凰編)) [ 手塚治虫 ]


広告を非表示にする
*このブログはリンクフリーですが、一言声をかけていただけるとめっちゃ喜びますヽ(´▽`)/