/*リンクは別ウインドウ*/

自己満足で勝手に楽しむ日記

楽しいことの寄せ集め。

「認知」と「現象」の話から、 「思いが実現するしくみ」について

佐伯さんのBASEメルマガより。

特に印象に残った記事があったので、久々にアウトプット。

 

【BASEメルマガ】Vol.180「自分を変えるか、起こっていることを変えるか」

 

認知」と「現象」の話から、

「思いが実現するしくみ」について。

 

例えば、

自分が、それほどでもないと思っている事に対して、

人から「かわいそう」扱いされたようなとき。

 

認知(=かわいそうじゃない)と、

現象(=かわいそうって思われている)

がズレているから、

『自己矛盾』を起こす。

 

そうなると気持ちが悪くて、人は、

 

・「認知の方を変える」

か、

・「現象の方を変える」

かで、『自己矛盾』を解消していくのだと。

 

自分の認知の方を変える」というのは、

「それほどでもない」、と思っていた自分の認知を変えて、

本当に自分も「かわいそうな人」になってしまう、

というもの。

 

「現象の方を変える」というのは、

「そんなことは無いよ!」と言うとか、

自分がなんらかの行動をして、起こっている現象を変える。

それによって、自分の最初の認知に合わせていく、

というもの。

 

 

自分は出来る人!できるはず!自信のある人間だ!と思っていた自分が、

「かわいそう」とか「無能力」扱いされることで、

あれ、自分は、かわいそうな人だったんだ、できない人だったんだ~。と、

かわいそうでできない人になるか、

 

いや、私はできるはず!と強い信念を持って突き進んで行動し、

「現象」を変えていくか。

 

 

 

 

「現象と、認知の間に不協和が起こっていますよ〜」

「不協和が起こったら、現象を変えるか、認知を変えるかして、不協和を解消しようとしますよ〜」

っていうのを

「認知的不協和理論」

と言うんだって。

 

 

 

「自分のコミュニケーションの取り方によって、

相手に変化を起こす」

また、

現象を、認知の方に合わせるように変えていく」

っていうのは、

「夢を叶える」

っていう仕組みそのもの。

 

よく、「思いが現実を作る」とか、

「ポジティブな現在がポジティブな未来を作る」とか言うけれど、

それは、まさにこの現象のことだな、と。

 

私の言葉で書くと、

 

自分の認知を、強力で、揺らぎないものにする。

起こっている現象に、負けない!!٩( 'ω' )و

 

って感じかなぁ~。

 

 

自分の認知を変える方が、

楽ではあるらしい。

 

でもそれは、

 

「自分に嘘をつくようになっただけ」

で、

「自分の本質的なところ」

は何も変わっていないという。
繰り返し繰り返し、

引っかかったり出てきたりするのかもしれないね。

 

 

夢を叶える方法っていうのは、

自分の「認知」「思い込み」をより強力にして、

「現象」をまでも変えてしまう、ってことなのかもしれないね。

 

だから下手をすると、

「認知」が、「怖れや不安の強いもの」だった場合、

まさに、その認知に従った自分を強化して、「怖れや不安のある現実」を作り出していく、

っていうことなんだね。

 

 

 

f:id:happy-v:20190225201937p:plain

 

 

*このブログはリンクフリーですが、一言声をかけていただけるとめっちゃ喜びますヽ(´▽`)/
↓公告をクリックしてくださったら、私に1円入るかも(ᵔᗜᵔ*)