広島の弁護士事務所で働く母が、お家に帰って勝手に楽しむブログ

楽しいことの寄せ集め。自己満足プライベート日記

心理学の学びが一人ではできない理由

心理学に出会って、かれこれ9年ぐらい。

最初の4年は、本や人のブログとともに、

独学をしていたけれど、

4年目から、外へ学びに行くようになって、

もうそれからは、

もっぱら外での学びがやめられなくなった!!(≧w≦)。

 

本や独学では、

 

絶対に学ぶことができないもの、

得ることができないもの、

実地でしか得ることができないもの。

 

そこに、心理学の真髄があると感じたから。

 

 

 

それは何かというと・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

心理学って要らない!!(爆)

 

 

 

 

 

ってことに気づくということ。

 

 

心理学を学びながら、

心理学って要らないって気づくって、

どういうこと!?

 

本で、心理学を学びながら、

心理学って要らないなんて、

思えないよね^^。 

 

 

 

分からないけれど、

私が今感じているのは、

 

結局、

 

心理学を学ぼうとする時点で、

たいがい人は、

「心理学を使って、人をどうにかしたい」とか、

「心理学を使って、何かを変えたい」とか思っているよね。

 

でも心理学って、

 

結局、

 

 

「何も変えなくてもいい

ありのままの自分・他人でいい」

ってことに、いかに気づくか、

いかに、受け入れられるようになるか、

平気になるか、

 

って所に行き着くんだと思うんだよね。

 

まだ私に見えていない世界があって、

これから先もあるのかもしれないけれど、

 

とりあえず、今私に見えている世界はこう。

 

 

この世界を知るためには、

本を読んでいるだけでは、一人では、

体感できないんだよね。

 

 

もう既に、その世界を体感している人たちから、

 

ありのままのあなたでいい

何も変えなくていい

 

っていうシャワーをたくさん浴びさせてもらって、

 

あぁ!

自分、変わらなくていいんだ!このままでよかったんだ!

できなくて、よかったんだ!!

 

って分かったとき、

 

人にも同じように接することができ、

同じように、思うことができるようになる。

 

 

まずは、満たされている人、

もう、ありのままで満足している人のシャワーの中に入って、

それが当たり前になるくらいになったとき、

 

 

人をどうにかしようとか、

人を変えようとか、

自分を許せないだとか、

 

そんな気持ちから自由になれて、

 

 

 

あぁ、心理学を使って、操作しようとしなくても、

よかったんだ!って気づいて、

 

 

 

心理学って要らない

 

 

って思えるようになるんだよね。

 

 

 

そうなるためには、

何回も何回もシャワーを浴びて、

行きつ戻りつ、

他の誘惑に戻されそうになりながらも

また前に進んで、

何年も何年もかけて、少しずつ、

そしていつの間にかに、自分もそっちの世界に染まっている。

 

そんなもんなんだと思う(^-^)。

 

 

 心理学を学ぶ理由は、

心理学が要らないってことを知るため(≧w≦)だなんてね!o(`ω´ )o 

 

 

・変えようと思ったら、変える方法は、

変えようとしないこと。

 

・問題を解決しようと思ったら、解決する方法は、

問題を問題にしないこと。

 

・身に着けようと思ったら、身に着ける方法は、

身につけなくてもいい、と思うこと。

 

心理学の世界では、

こんなのざらにある。

てか、こんなのばっかかも٩( 'ω' )و 。

最初一通り見たり読んだりしただけでは、

気づかなかったけどね。

 

 

 

心理学も、身に着けようと思って、

「頑張って身に着けるぞ!!」と

必死になればなるほど遠のいて、

上手く回らなくて、

ますますしんどくなった(≧w≦)けれども、

 

身につけなくてもよかったんだ!!って

思ったとたん、

どんどん身について、どんどん楽になって、

いつの間にかに、あら?できるようになっていたかも!!知らんとまにやっていたかも٩( 'ω' )و 

ってなる。

 

 

 

 

 

 

 

 

私もそ~んな、要らない心理学の講座(笑)。要らないことが分かるための講座(^^)を開催しています。

私の講座は、ただただ、

参加してくれた方のありのままを受け入れる所(^-^)。

ありのままのシャワーを浴びる体験をする所です。

elm.3rin.net

 

 

んで、今こんなこと書いているけれど、

また数年後、

違う感覚を持っているかもしれないんだよね。

まだ先のことは分からないけれど、

今、私はこう思っている、というだけのこと。

 

そして、それも、変わってもいいし、

どうなるか分からない。

それも含めて、

 

「心理学」であり、

いつになってもその時その時の

自分の気づきが、

自分に必要な気づき。

 

こうやって

永遠に楽しめるものなんだろうなって思うんだよね(^-^)。

 

 

あ、それから、

今日ここでは出てこなかったけれど、

心理学を学ぶ真髄のもう一つとしては、

 

自分を大切にする方法を知る

 

っていうのもあるかも。

 

これが私が今感じている、

心理学の

二大巨匠かな(≧w≦)。

 

 

みんな、それぞれ感じ取ることが違って、

人の数だけ答えがある。

私の今感じていることがこうであるというだけで、

きっとみんな、違う答えを持っているんだよね。

それを見せ合い分かち合う場。

それが、心理学を外で学ぶ醍醐味でもあるんだよね٩( 'ω' )و 。

 

 

 

 

広告を非表示にする
*このブログはリンクフリーですが、一言声をかけていただけるとめっちゃ喜びますヽ(´▽`)/