読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

広島の弁護士事務所で働く母が、お家に帰って勝手に楽しむブログ

楽しいことの寄せ集め。自己満足プライベート日記

沖縄オーガニックツアー・レポ その3(備忘録)

商品レビュー

 続き。

 

    

旅行中に気づいたことを、今後のためにもメモしておこうと思う。

  1. 公共交通機関について
  2. 食事について
  3. 地元の民家路地
  4. ホテルについて

 

1.公共交通機関について

まず、最初から路線バスを使い倒す予定で行ったので、

最初のモノレール(ゆいレール)の駅で、

地元の交通ICカード「OKIKA」を買った。

バスと、ゆいレール共通で使用できる。

一人一枚の発行で、大人と子どもの兼用はできないとのこと。

子ども用の発行には身分証明書が必要。

 

そして、路線バスの中の張り紙を見て知ったのだが、日祝はファミリー特典があって、

なんと、

大人一人につき、小学生以下の子ども三人まで路線バスの運賃が無料だった。(高速バスやリムジンは除く)

これは想定外のラッキー。

 

沖縄は南北に細長いので、南北をバスだけで移動しようとすると、

一つの移動先への乗車時間が1時間とかざらにある。

降りるバス停まで40駅分とかね。

バスの便数も少ないので、乗り継ぎのタイミングの調査が要。

 

バスは前乗り前降りタイプなので、

乗るときに、運転手さんに「どこどこのバス停に止まりますか?」と確認してから乗ると、

乗り過ごしも防げるし、

乗り間違えも防げると思う。

これを何度か怠ったので(笑)、

ちょっと余計に時間がかかったりもしたけれど、

致命的な乗り間違えはしなかったのでセーフ(≧w≦)。

バスから見える景色もきれいで、ぼ~っと眺めているだけでも楽しめた^^。

 

私は今回は、名護バスターミナルを経由地として使い倒した。

ここのバスターミナルは平地で、

地元の猫がいて、まったりとしたのどかな所だった~(^-^)。

 

 

結局、ファミリー割引があったので、

3日の旅行行程でチャージした金額は合計

大人8000円くらい

子ども3000円くらいだった。

(デポジット代含む。)

 

今回は、公共交通機関が大好きな私(笑)が、

敢えて地元密着のこんな体験をしたくてこういう方法を

選んだが、

参加メンバーにお年寄りとかが居たら、

タクシーの貸し切りとかを選んでもいいかな^^。

 

体力があれば、

ALL公共交通機関で沖縄を回るのも不可能ではなかったよ(^-^)。

 

 

2.食事について

ランチの時間とディナーの時間の間がCLOSEDになるお店や、

17時に早々とCLOSEDになってしまうお店があるので、

定休日とともに、しっかり調べておこう!(≧w≦)

  

 

3.地元の民家路地について 

バスの乗り継ぎ待ち時間に、なんとなく、

海の方に向かって歩いてみたら、

古い民家が立ち並ぶ湿地みたいなところに出た。

 

一階建てで、

門の前には二匹のシーサー。

庭には南国の植物や花が無造作に咲き、

ツタが絡まる。

そんな感じの家が、何件もあった。

家の前に小さな森が有るような感じの所も。

湿度が高くて、ちょっとじめっとした感じだけれども、

いかにも、南国の家、という感じがした。

なんだかとてもステキで、

これを見ることができただけでも、

なんだか今回の旅の収穫があったかもなぁと思うくらい。

 

予定はしていなかったけれど、

予定をしていなかったからこそ、

表通りや観光コースでは見ることの出来ない

一面を見ることができたのかなぁって思った(^-^)。

 

あんまり深くまで入っていくと、

元の場所に戻れなくなっては困るので、

早々に引き返したけれど、

こんな風に、観光スポット以外の所に

ちょっと足を踏み入れてみることができて、よかった^^。

 

とても感動した。

 

 

4.ホテルについて

今回は、一件目は、

ゲストハウスというか、民宿のような、

小さな個人経営風の宿と、

slow-farm.jpn.org

 

もう一件目は、

いわゆるリゾートホテルというものを選んだ。

www.exes-kariyushi.com

 

検索条件は、オーガニックな食事が食べられる所というだけだったのだが、

思いがけず、

生まれて初めてのリゾートホテルの、スーペリアルーム

というものを経験した(^0^)。

しかも、当日、部屋が空いていたからか(?)さらにいい部屋にしてもらえたらしい。ベッドが二人分余った(笑)。

 

いやぁ、こんな世界があったのね!

って感じ。

イルミネーションや、噴水ショーや、

サービスとか、

色んなモノがゴージャス٩( 'ω' )و !

 

子は、「なんだか僕、おぼっちゃんになったみたいo(`ω´ )o!」

とか言っていた(笑)。

 

 

最初のゲストハウスのようなホテルは、

オーナーさんも暖かみのある感じで、

帰りの送迎車では、

地元のオーガニック店事情をたくさん教えてもらえた(^-^)。

 

 

 

どちらのホテルも味が合って、

今回、全く対照的な二つを選んだのも、

面白くてよかった( ´艸`)。

 

 

 

次は、旅行中に感じたココロの動きについて(^-^)。

 

 

happy-v.hatenablog.com

 

 

 

 

広告を非表示にする
*このブログはリンクフリーですが、一言声をかけていただけるとめっちゃ喜びますヽ(´▽`)/