広島の弁護士事務所で働く母が、お家に帰って勝手に楽しむブログ

楽しいことの寄せ集め。自己満足プライベート日記

こわ~!衝撃の事実!!24年調律していないピアノ

先生につかなくなってからは、趣味として弾き続けているピアノ。

月イチぐらいで隣町の実家に行っては弾いていた。

 

趣味だからいいだろう、と思ったのと、

お願いしていた調律師さんが年配で、

調律をやめてしまわれたこともあって、

なんとなく24年間、ピアノの調律をしていなかった。

 

ずっと、このピアノを弾き続けていたから

気が付かなかったんだ。

 

 

 

 

 

音が、大幅に狂っていたということに!!

 

f:id:happy-v:20170626105545p:plain

 

 

この度、ちょっとした事情があり、

隣町の実家に、ピアノを弾きに行くことができなくなった。

 

数か月ピアノを弾かない期間が続くと、

私は禁断症状が出るので(≧w≦)、

 

街のピアノレンタルルームを借りることにした。

 

 

 

 

 

借りるのはアップライトピアノでいいと思っていたのだが、

グランドピアノの部屋が空いていたとのことで、

グランドピアノを弾かせてもらえた。

 

先生の家で弾いて以来だから、実に、

24年ぶりのグランドピアノ!!

 

 

爽快だった!!!

 

タッチが全然違う!!

電子ピアノとアップライトピアノが、

もう、全然違ってお話にならないくらい違うのと同じように、

 

 

グランドピアノって、

こんなに、気持ちよく弾けるものだったか!!!

 

と、24年ぶりの感覚を楽しんだ。

 

と同時に、

 

違和感を感じた。

 

 

私、耳が、脳が、おかしくなっている!?!?!?

 

音が、なんか変!!!

 

 

 

すぐに気が付いた。

 

電子ピアノを弾いたとき、

そのタッチの違い、音の違いから、

電子ピアノはアップライトピアノの代わりにはならない!!!

電子ピアノ、ダメじゃんって思っていたけれど、

 

 

音については、電子ピアノがおかしかったんではない。

私のアップライトピアノの方

狂っていたのだ!!ということに。

 

 

ミが、ファに聞こえる・・・・。

 

 

 

ぞっとした。

 

 

 

実家にあるピアノとは音の高さが違う。

ピアノレンタル室にあるピアノは、

きちんと調律してあるグランドピアノ。

こちらの音の方が正しいに決まっている。

 

私の絶対音感は、

24年の年月をかけて、少しずつ少しずつ、

私のピアノとともに、狂ってきていたのか・・・

 

 

そう思うと、ぞっとした。

 

 

昔も、自分の家のアップライトピアノと、

教室のグランドピアノや発表会のグランドピアノのタッチや弾き感が違うと思っていたけれど、

音の高さにこんな違いを感じたことはなかった。

音の伸び感や、ピアノの鍵盤の微妙な幅や、

そんな違いはあっても、

音の高さにこんなに違いを感じたことはなかった。

 

これは、やばい。

 

やばい。

脳が・・。

 

音の認識が・・・・。

耳が・・・・。

 

 

そういわれてみれば、

変に思ったことがあった。

 

mixi絶対音感アプリ(笑)。

確か4段かそこらか取れたんだけど、

(今見たら、16段だった(笑)。何16段て(≧w≦))

なんか、音が変だなぁって思った覚えがある。

全体的に、音の位置がずれている。

アプリがおかしいのだと思っていたのだけれど、

私の方がずれていたのかも。

 

 

ショパンの革命を練習しているとき、

2ページ目後半部分からの譜読みが複雑すぎて面倒すぎて(笑)、

何十年も進まないから、

耳コピで音を取ってみようとしたところ、

楽譜の音やYouTubeとかで他の人が演奏している音と、私のピアノで鳴らした音が、

なんか違う!!!

 

あれ??

 

って思ってたんだ。

調律が狂っているなんて思っていなかったから、

へんなの~~~と思いながら、

そのまま譜読みは進まず、放置していた(笑)。

 

 

 

ミの音を押しながら、

頭の中でファに聞えてしまう・・・・。

これは、やばい・・・。

指は合っているのに、

転調した曲を弾いているように聞こえる・・・。

 

 

弾けるけど、

なんか、脳が・・脳が・・・。

って感覚がした。

 

こわ~~~~。

 

実家のピアノは、調律してもらうことにする。

いつ実現できるか分からないし、

当分、レンタルピアノルームのお世話になるかもしれないけれど、

 

これは、自分の耳をおかしくしてしまう!!

 

 

 

まぁ、趣味だし、

プロになるわけじゃないし、

先生をするわけじゃないから、

狂った音感のまま弾いていても

死ぬわけじゃないのかもしれんけど、

 

 

なんか、

めちゃくちゃ気持ちが悪い!!

 

ミを弾いて、ファに聞こえるという感覚が!!

 

ミを弾いて、ファに聞えるけれど、

続けてファを弾くと、確かにファではあるんよね。

この、わけのわからん状態になった

耳と脳を、

 

おそろしい!!!と思った。

 

 

指は動くから弾けるのは弾けるのだけれども、

家で聞いていた音とは、高さが全体的に違う。

一音だけおかしくなっているわけではなく、

全体的におかしくなっているから、

もうそれで慣れてしまって、

私の頭の中も、脳も、それで覚えてしまっているのかもしれん。

 

こわ~~~~。

 

 

 

今回のひょんな自体が無かったら、

ずっと私は、

調律の狂ったピアノを弾き続けたのかもしれんな。

 

いいのか悪いのか、

ようわからんけれど、

 

なんか、とにかく、

こわ~~~~~

 

 

*このブログはリンクフリーですが、一言声をかけていただけるとめっちゃ喜びますヽ(´▽`)/