/*リンクは別ウインドウ*/

自己満足で勝手に楽しむ日記

楽しいことの寄せ集め。

一日に二つの講座のはしご。一つ目は、好きなものにはまる学び方

 つづき。

 

この日、重なった一つ目の講座は、

子と私が慕っている、昆虫館の先生の講演会。

 

これがまた見事に、

佐藤ママとは真逆のような感じの方。

 

昆虫が大好きで大好きで、ものすごい昆虫マニアで、

生き生きと昆虫の事を語られる方。

昆虫が好きだから、昆虫のことを知るために、どんな投資も努力も厭わない。

まさに、夢をやるために生きていらっしゃるような方。

好きなものにとことんはまって、学ぶ学び方。

やらなければならなくてやるのではなく、

好きすぎてしょうがないから、それに付随する学びも一緒に学ぶ、という学び方。

 

 

子が小さい頃、将来、昆虫博士になりたい!と言ったので、

私は、本物の昆虫博士に会いに行って、

それからこの先生の開催される会や講演に足繁く通っていたんだ。

私はこの先生の昆虫を語る時の幸せそうな姿、熱意が、

とても好きなんだ。

 

高学年になって、子の昆虫熱が冷めてきたので、ここ近々は参加していなかったのだけれども、

このタイミングでこの講座が開催されたのは、

これも、ものすごい意味があったのだと思う。

 

テーマは、先生が出会った虫の本について。

 

先生が、子どもの頃、どんな図鑑や本に出逢って、

虫の世界にはまっていったのか、そんな話だった。

 

 

それがね。結構マニアックな話で。

先生が熱く語っていらっしゃる熱意は、とてもとても伝わってくるのだけれども、

内容が昆虫のことだからか、私はどうしても、途中、眠くなって眠くなって(笑)。

前の席の男の子なんかは、こちらを振り返って隠れたり出たりとごそごそ

遊んだり、机に突っ伏したり。

それでちらっと隣を見ると、うちの子も、なんか、空を仰いでいる(笑)。

ありゃ~。講演時間も1時間半だし、集中力も持たないよなぁ~。

 

とか思っていたら、

 

終わった後、子が、自ら、

 

先生が紹介してくれた本の中に、見たい本があった。

と言ってきたので驚いた。

 

おお!それなら!と、さっそくその本を借りた。

帰る時に子にたずねてみたら、

 

子は、先生の講演の内容を、きちんと聴いていた。

そして、私以上に、しっかり理解していた!!

 

曲がりなりにも、もと昆虫博士というニックネームで呼ばれていただけのことはある。

マニアックな昆虫の話も、理解して私に説明してくれたし、

講演の内容が、とても面白かったと言っていた。

 

ね・寝てたんじゃなかった???って聞いたら、

首が痛かったから上を向いていただけ。と。

 

 

あぁ、この子は、大丈夫なのだ、と思った。

ここ近々、不安になって揺れていたけれど、

 

自分の興味のあることには、ちゃんと取り組めるし、

やはり、解説が上手なんだ。

私には無い能力を持っている。

 

子が読みたいと思える本に出逢えたのも、

すごい収穫だ。

 

来てよかったと、すごく思った。

 

 

何よりも、本物の昆虫博士が、昆虫博士になるまで、

どれだけマニアックに昆虫が好きで、どんなことをして来られたか、

ずっと知りたかったことを教えてもらえたのが、

とてもよかった。

 

先生が、昆虫にはまっていかれる過程で、どれだけの本が貢献していたのか、

そして、それらの本を、先生が、どれだけお好きなのか、

とても伝わってきた。

 

本を紹介しながら、先生が、その内容を少し読んでは、

先生自身が数分読みふけってしまって、

講座が何度が途切れそうになるくらいだった。

 

「好き」の熱意って、すごいなと思ったし、

 

学び、って、こういうことだと思った。

 

本当に好きだから、夢中になってやってしまう。

本当に好きだから、この文献を読みたいから、

ニガテなドイツ語でも、頑張って読もうとしたし、読みたくて読んだ。

1冊10万円する本でも、手に入れるのが困難な本でも、

手に入れるために色んな努力や工夫をしてきた。

 

それを語る時の先生の嬉しそうな顔。

 

自然科学の分野なんて、金が稼げないからやめろ、と父親に言われても、

自分の夢を貫き通した先生。

 

好きなことをやるって、こういうことなんだなぁと、

この先生を見ているといつも思う。

 

 

この講座を途中で抜けるかどうしようかと思っていたけれど、

結局、こちらの方を最後まで聴いて、

佐藤ママの講演の方は、遅れてから行くことにした。

 

(つづく)

 

f:id:happy-v:20191109212919p:plain

 

 続き

happy-v.hatenablog.com

 

 

 

 

 

*このブログはリンクフリーですが、一言声をかけていただけるとめっちゃ喜びますヽ(´▽`)/