広島の弁護士事務所で働く母が、お家に帰って勝手に楽しむブログ

楽しいことの寄せ集め。自己満足プライベート日記

アメリカ人のペンパルに添削してもらっている

InterPalsっていうペンパルサイトで知り合ったアメリカ人のペンパルに、

英語の添削をしてもらって、

こっちは日本語の添削をしている。

 

英語の添削の解説を、英語でしてもらっていると、

英英辞典を引いて勉強しているような気分になる。

英語の間違えを英語で解説してもらえるって、なんて贅沢なんだ~!!。

英語を英語で理解する。

なんか、めちゃくちゃ楽しい!!(≧w≦)

 

 

書いた文章でのやりとりなので、

聴いたりしゃべったりするのとは違って、

文法の解説がメインになる。

聴き取りの勉強はまた別でやらないと、

文法ばかり覚えても、いつまでたっても聞き取れるようにはならないような気がするので、

その勉強はまた別の所でやるとして、

文法の話。

 

基本文法は学生時代にだいたい習っているから、

 

日本語で習った英文法を、英語で解説してもらったらこうなるのか~

って思う瞬間がたくさんあって、

めちゃくちゃ面白い!!

 

あ!それ習った習った!!(*'▽')って。

 

だいたい中学のあの頃習ったあれだ!

って思い出すんだけれども、

それまでは、結構、かなり、いや殆ど忘れていたりするんだよね~^^。

ほんま、中学英語のやり直し。

 

 "It was surprising to hear what happened to Bob."

"I was surprised to hear what happened to Bob."

こういうのとか。

私、It is surprised. って書いていたのを直してもらった。

これ、前も、他のペンパルさんに直してもらったことがある(笑)。

確か、学生のとき、be surprised at ~で習ったよね。

 

 

"This typhoon and rain are surprising"
"I am surprised at this typhoon and rain".

 

これも、This typhoon and rain are surprised.

って書いた私(笑)!!

 

いや、こういう中学英語を、いっぱい間違えるのよ。

もうすっかり忘れていて(≧w≦)。

これを英語で解説して直してもらえるのがいい!!(≧w≦)。

 

 

会話をしていると、「~に驚いた」っていう表現、

よく使いたくなる場面があるしね^^。

 

書き言葉の会話には、こういうやり取り、

すごくいいかもしれない。

 

添削しあいこをしていなくて一般的な会話だけをしているペンパルさんとは、

だんだん話題のネタが途切れて、

何話したらいいのか、話題に困ってきたりすることもあるのだけど(笑)、

こういう風に、添削しあいこしていたら、

永遠に終わりがない(≧w≦)。

だって、永遠に、どちらかが、いや、どちらも、

間違え続けるから(≧w≦)!!

 

外国人の書いてくる日本語と言うのも、

ええっ!!!というような発想の仕方があって、

面白い。

 

あなたは私を「それ」とよぶことができます。

 

 

 

とローマ字で来た。

 

え?「それ」って、それもしかして、「It」とか何かと勘違い?

It だったとしても、それ英語でも人を呼ぶときには使わんだろうし、

一体何と間違えているんだ??

いやいや、この人、本名「Sore」なのか?ソア~さんなのか???。

それとも、「きみ(君)」と間違えている??それにしても、なんか変だぞ。

 

よく分からんので、そのまま英語で聞いた(爆)!!

「えっと・・Soreさんだったらごめんなさいなんですが・・」って前置きして。
ソアさんではなかった(≧w≦)。

で、結局、意味不明のまま(爆)。

 

 

まぁ、そんなもんやろ。

細かいこと気にせずに、どんどん先に行く٩( 'ω' )و 。

 

 

この方、根気よくつきあってくださるし、

ホント、ありがたいありがたい。

 

 

このサイトを教えたから、読めたら、

コレ見て爆笑しているかもしれない(≧w≦)。

 

 

この学習は面白いしためになるので、

InterPalsだけでとどまらせておくのは勿体ない。

私の学習のためにも(笑)、時々こちらにもアップしようと思う。

 

 

そうそう。

過去形と、過去完了。

この違いをすっかり忘れて、過去完了?未来完了?

過去分詞?なんじゃったかいなそりゃ?ってなっていたのだけれども、

 

解説してもらってだいぶ思い出せた気がする。

 

Did you sudy Englih?

だと、過去、勉強していて、もう今はしてない。

Have you studied English?

だと、過去から勉強していて今もしている。

 

おおざっぱにこんな感じで、

 

Have you been studying English?とか、

まだまだ色々形はあるけれど、

おおざっぱにそんな感じで思い出したので、

とりあえず今はそれでいいや(≧w≦)。

 

 

実際の英会話になると、

もう、こんな細かい所、一切気にしている場合でなくなって(≧w≦)、

とりあえず、単語を聴き取り、

とりあえず、単語を発すればよし!!

 

聞き取れないことには話にならん!!

あとはジェスチャーでなんとか!

って感じになってくるのだけれども(私の場合(笑))。

 

 

もともと書き文章が好きな私は、

日本語力の習得も、お友達との「お手紙」で培ってきた感があるので、

英語の習得も、「お手紙」を大いに生かしてみたいと思っている( ´艸`)。

 

ネットで海外のお友達ができるなんて、

いやいや、こんな時代が来てありがたい(^-^)。

 

 

f:id:happy-v:20170626105545p:plain

 

 

 

 

*このブログはリンクフリーですが、一言声をかけていただけるとめっちゃ喜びますヽ(´▽`)/