/*リンクは別ウインドウ*/

自己満足で勝手に楽しむ日記

楽しいことの寄せ集め。

西式甲田療法の森美智代先生に逢いに行ってきたよ!!Part2

 前回の記事の続き。

happy-v.hatenablog.com

 

さて、予約の時間が近づいて、

おしゃべりしていた山田健康センターの店主が、

「あ、今、たくさん出ていかれましたよ」と教えてくださったので、

行ってみると、言われた通り、

さっきまで入り口に見えていたたくさんの靴は、2足に減り、

中は空いていた。

 

受付の方もとても優しい感じ。

問診票の空欄に、「特に困ったことはないけれど、30数年来の持病がよくなったので先生へお礼を言いに来ました」と書いたところ、

受付の人も、「よかったですね~(^-^)」と言ってくださった。

とてもフレンドリーな感じで安心した。

 

特に待つことなく診療室に通していただいて、

先生が入ってこられるのを待つ間、

 

とてもドキドキしたなぁ(笑)。

 

15分くらい待って、先生が入ってこられた。

 

あれ?ご本やネット上で拝見したお顔より、

随分ほっそりとしていらっしゃる。

思っていたより小柄な方で、

声も、小さくて細くていらっしゃる。

 

あれ?本当に森先生??って一瞬思った。

 

森美智代先生といえば、「青汁だけしか何年も摂取していらっしゃらないのに、

なぜかふっくらされている」という驚きの現象も、

よく話題になられる方だったので、

 

当然、ふっくらしたお顔を予想していたのだが、

ほっそりされている。

 

マスクでお顔が半分隠れていたので、良く見えなかったが、 

最近HPで拝見したお顔よりも、ずっとお若い感じがする。

もしやスタッフの方??かと思うくらい。

 

でも入ってこられたのは森先生に間違いないだろうから、

経緯を説明してお礼を言った。

言えた!

 

そしたら、森先生も、やさしい声で、

「そうですか~。それはよかったですね~」とにっこり。

 

なんだかよく分からないけれど、

オーラとか、そういのとか、全然分からない私でさえも、

なんか、オーラのようなものを感じた。

 

森先生は口数の少ない方だと、

山田健康センターのお店の人もおっしゃっていたし、

HPでも噂は見たことがあったので、

 

どんな感じでいらっしゃるのかと思っていたけれど、

これは、もしや、

 

口数少なくても伝わるものがあるからなのかもしれないし、

余計な言語はむしろ必要がない、

そんな空間なのかもしれない、と思った。

 

まさに、仙人。

 

西式甲田療法の仙人第一号だったか第二号だったか、

実際に、森先生はそう呼ばれていらっしゃる。

 

 

口数が少ないことを、ぶっきらぼうであるかのようにブログで表現されている方もおられたが、

あぁ、これは、全然違うぞ、って思った。

 

予想通り、とってもあたたかくてお優しい方だ!と思った。

 

 

口数が少ない方だと聞かされてはいても、

お声を聴きたい、

お顔をもっと拝見したい私は(笑)、

 

施術中、お顔が見えるたびにじろじろ見てしまったし(笑)。

お声をもっと聴きたくて、

思い切って聞いてみた。

「あの~。いくつか質問してもいいですか?」と(笑)。

 

いや、私、子供のころから数えきれないくらいの病院とか診療所に通って、

たくさんの先生に巡り合ったけれど、

先生によっては、患者のペースで質問をしたりするとお怒りになられる先生とかも

たまにいらっしゃったりするので、初診の時は先生の様子伺いに徹して、

自分から何かをアクションすることはあまりしないようするたちなのだけど、

今回は、二回目があるかどうか分からないので、そんなの気にしていられない!と思って聞いてみた。

 

そしたら、先生、とってもお優しい声で

「どうぞ」と。

 

確かに、こちらの質問に、短くポツ、ポツと答えてくださる感じ。

 

私は行く前に質問をたくさん用意して行ったのだけれども、

なんだか、どれを質問しても、言葉にするだけ野暮のような気がしてきた(笑)。

 

実際、「野暮な質問なんですけど、今も先生は青汁だけでいらっしゃるんですか?」と、

最も野暮な質問をしてしまったけれど(笑)、

先生は全くあきれたり怒ったりするようなこともなく、優しく、「はい」とだけ。

 

もっともっとおしゃべりしてみたい気持ちもあったけれど、

この先生の前に、無駄な言葉は不要なのかも、って気がした。

一通り診ていただいた後、

そこの空気をかみしめて感じながら、

施術をしていただいて、ゆがみに対応する6大法則の私専用メニューを作っていただいた。

 

診療後に、スタッフの人から6大法則の詳しい説明をしていただいて、

今まで私が本だけで読んで自己流でやっていて、

よくわからなかった部分とかの説明をしていただけた。

 

スタッフさんはとてもフレンドリーでたくさんお話をされる方だったので、

持ってきた質問事項はほとんどスタッフの方に聞いて、

スタッフの方とはたくさんおしゃべりをした。

 

部屋中に、甲田先生のお写真がたくさん飾ってあって、

森先生と甲田先生が一緒に写っていらっしゃる写真もたくさんあった。

その写真は、本やHPで見る先生の写真のようにはふっくらとしておられず、

少しほっそりされていたので、

 

あぁ、やっぱり今のほっそりされている先生が、正真正銘の森先生なんだな、と

改めて納得した(笑)。

 

もともと青汁で肌がつるつるでいらっしゃる上に、

スマートになられていたから、

随分お若く見えた。

 

 

私に出していただいたメニューは以下の通り。

・平床

・木枕

・膝立て金魚運動 300回/日

・合掌合せき法 300回/日

・背腹運動 30分

 

木枕は、今までの当て方が微妙に違っていて、

肩も少し乗せる感じにするんだって。

 

 

・長年の喘息による、背骨の丸み

(これは、どこの整体に言っても私は必ず言われることで、これは、

30数年の積み重ねがあるからしょうがない(笑))

・骨盤の左右の高さの違い

・肝臓の疲れ

があるらしい。腸の状態は、今までの自己流療法のおかげか、

特に問題ないようで指導はなく、

毎日やっていた「毛管運動」も、やるようには指導がなかった。

 

食事については、私はドライフルーツを控えるということだけで、

その他は、もう長年かけて摂取の嗜好が甲田療法向けに変わっているので、

どれもひっかからなかった。

 

この後、スタッフの方に運動のやり方や分からなかったことをたくさん教えてもらって、全て終えて鍼灸院を出た。

予約した時間からすると、全部で一時間半くらいだったかな。

 

 

この後、大阪の友達と合流して、

ここであったことを興奮ぎみに弾丸のようにしゃべったことは

言うまでもない(笑)。

 

 

このメニュー、全部できるかと聞かれたら、

もちろん、最初から全部はできないだろう(笑)。

でも、できるできないではなく、

私独自のメニューを、私の体を見て作ってくださったことが嬉しくて。

 

これを、食事を少しずつ変えていったのと同じように、

少しずつ、できるところからやっていけば、

そのうち気が付いたらいつのまにかにできるようになっているかもしれないし、

きっと結局、自分に合ったものが残っていくんだと思う。

 

 

本を読んで、自己流でやっただけで、

30数年来の持病があんなによくなって、健康になった。

さらに今回、

もっと私に合ったメニューをいただいたということは、

これからさらにもっと良くなる可能性があるということ!

 

別にやらなくてももう充分元気だけれども、

やったらもっと健康になるなんて、

どれだけ健康になるん!?ってめっちゃ楽しみ!

 

幸せに上限が無いのと同じように、

健康にも上限はないし、

私、ますます健康になれるヽ(´▽`)/ と思うとうれしくなった。

 

 

これが大阪に行ったその日に二番目の行事。

 

*このブログはリンクフリーですが、一言声をかけていただけるとめっちゃ喜びますヽ(´▽`)/