/*リンクは別ウインドウ*/

自己満足で勝手に楽しむ日記

楽しいことの寄せ集め。

【BOOKレビュー】『女と骨盤』片山洋次郎著

 大人気の整体関連の本。
図書館で、かなり待って回ってきた。

女と骨盤

女と骨盤

 

 女の一生は骨盤の開閉の影響を受けている。

日単位、そして、呼吸毎にも、常に動いている。

 

 

女の一生を、生きやすく、スムーズに動かすコツは、

骨盤の開閉をスムーズに動かすこと。

 

骨盤の開閉をスムーズにするためには、

骨盤の「開く」・「閉じる」を滑らかにすること。

 

しっかり開けば、しっかり締まる。

これは、どの世界でも同じだなと思った。

バレエでも、上に上がりたければその前に下がる。

下に下がりたければその前に上げる。

 

骨盤も、より「しっかり開く、緩める」。

これをやれば、

より「しっかり閉じる」ことができる。ここぞというときに、集中することができる。

 

弛緩と緊張の繰り返し。

 

 

 

骨盤が緩まるときというのは、

リラックスしているとき。幸せだなぁ~と感じているとき。好きなことをしているとき。

 

現代人は、緊張の場が多く、骨盤は締まりがちなので、「締める」ことよりも、まずは「緩ませる」方を考えた方がいい。

 

更年期に入ってくると、骨盤は緩んできて、

だんだんぼ~っとして、

集中力が落ちてくるらしい。

 

このふわふわした状態の期間も、抗わず、

味わっていたらいい。

 

女の一生は、骨盤とどれだけ仲良くしていくかだなぁ。

心臓と同じで、普段は意識していないけれど、

勝手に、動いてくれている。

とっても愛おしい存在。

 

 

 

女の体のホルモンの変化は、

自分の意志ではどうにもできないものがあると、

産後の自分を見ても、思った。

 

頭が、心が、ちょっと調子悪いな、と思ったら、

骨盤を緩めることを意識してみようと思った。

 

女は、どんどん、自分を、大切に、

幸せに、

するよう工夫することで、どんどんうまくいく。

そんな気がした。

 

f:id:happy-v:20191113060928p:plain

 

 

 

 

 

 

*このブログはリンクフリーですが、一言声をかけていただけるとめっちゃ喜びますヽ(´▽`)/