読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

広島の弁護士事務所で働く母が、お家に帰って勝手に楽しむブログ

楽しいことの寄せ集め。自己満足プライベート日記

採用していただいたとき−その2

法律事務所

採用していただいたのが

運命だった

縁だった

と以前に書いたのは、
理由があるのです。




それは、

たまたま、

私が、

前職を辞めてぷー太郎(←もはや死語・笑)になっていたので、
結婚して専業主婦になろうかと思っていたけれども
彼氏(=今の夫)と大ゲンカして別れて(爆)

はてこれから私はどうするんじゃい!と、
涙涙の怒り混じり困惑混じりのよれよれ状態で、

まずは職を探さねば!と
手に取った新聞の求人欄!

そこに小さく、今の法律事務所の求人があったからなのです。
(は〜は〜ぜぃぜぃ。↑長い一文になった(^^;)。みなさま息つぎを。)



この求人は、後にも先にもたった2日間だけ、
事務所が掲載した求人。私が見たのはその二日目。

彼氏とケンカした日が、あと1日遅かったら、
出会わなかった求人。

就職しなきゃ!と思って私が奮起した日が、
あと1日違ったら、
あの日の新聞を見なかったら、
出会わなかった求人。



彼氏と別れて涙涙ながらに、新聞の求人欄を切り抜いている私を見て、
「そんなに急いで就職しなくても、ええんよ」
と言う母を横目に、

私はこの怒りのエネルギーをバネに、
妙な闘志で燃えていた(笑)。

そこの求人に、応募せずにはいられない
何かがあったのだ。



(つづく)








AX


 

広告を非表示にする
*このブログはリンクフリーですが、一言声をかけていただけるとめっちゃ喜びますヽ(´▽`)/