/*リンクは別ウインドウ*/

自己満足で勝手に楽しむ日記

楽しいことの寄せ集め。

子の応援団長シリーズ エール交換と応援合戦

子の応援団長シリーズ
以前の記事はこちら↓

・応援団の優勝旗って、ものすごい重いんだってね!

・優しすぎる団長、団員を叱れなくて困る(笑)の巻。

・ひかえめ両親の子、運動会の『応援団長』をやる

・子の応援団長シリーズ。場所取り編。

・子の応援団長シリーズ 当日編

 

ぶつぶつと細切れに書きすぎたので(*'ω'*)、

次は一気に。

 

 

 

応援団長の一番の見せ場。

「エール交換」と、「応援合戦」。

 

最初の一声に、かたずを飲んだ。

 

子は、全く声をかすらせることなく、

お腹から、声を出せていた。

 

屋外に響き渡る、大きな声。

 

体を、弓なりにしならせて、体の底から、出す、声。

 

こんな声が、出るんだぁ。

すごい・・・と思ったら、

もう、涙が止まらなかった。

 

なにを控えることもない。この感動を味わいに、

今日は、来たのだから、

思う存分、この感動を、味わおう、と、

その姿を目にしっかり焼き付けた。

 

 

子の真ん前の位置で、かぶりつきになって、見た。

 

 

応援団長が生声を出しているとき、

運動場の空気は、一瞬で、澄む。

 

今まで、どの応援団長が声を出しているときも、そう感じていたが、

その声を出しているのが、

自分の子だと思うと、

すごく、不思議な気がした。

 

 

 

先生にしごかれて声を枯らされてしまって←笑

って思っていたけれど、

声、全然枯れていない!!全く、枯れていない!!!

今朝まで、かすれていると思っていたけれど、

ちゃんと、のびやかな声が、出ている。

 

こんな風に、できるように、きちんと指導してもらっていたんだね。

ちゃんと、体の底から、体全体で、声が出せている。

 

そういえば、声が枯れ始めた最初の頃、

夫が子をカラオケに連れて行って、お腹から声を出す方法をレクチャーしたとも言っていた。

 

色んな所から学んで身に着けてきていたんだね。

 

声変わりしかけだけれども、まだ声変わりしていない、

微妙に低めの声。

とても聴きよい声だった。

 

 

 

 

子は、私が何も言わなくても、

全部、自分でやっていた。

あぁ、やっぱり、大丈夫だったんだな、と、思った。

この子は、大丈夫なんだ、と、思った。

 

 

この子は、応援団の練習のため、

朝、起きる時間も、

夜、寝る時間も、

食べるものも、食べる量も、食べる時間も、

自分で調節して生活のリズムを作って、自分なりに、やっていた。

 

自分の体調に合わせるから、

ご飯をたくさん作っても残している日があったり、

少な目に作ったら、もっと食べるという日があったり、

全然食べない日があったり、

夜遅くまで起きていたり。

 

 

子は、子の本能に従って、自分に忠実に生きているんだと、

思った。

 

 

そもそも、「応援団長をやる」と子が決めたのも、

私のように、「当日風邪ひいたらどうしよう」とか←笑

「当日、声が出なかったらどうしよう」とか、

「当日、失敗したらどうしよう」とか、

はなっから思わないからなんだろうなと思った。

 

ただ、やってみたかったから、やってみた。

自分の今の気持ちに忠実に、動いただけ。

他のことは考えない。

そんな感じな気がする。

 

 

当日の朝まで声枯れているのに(笑)、(本人気づいていないのか)、

全然平気で、ケロッとしているし、

何よりも、終わった後聞いていてみると、

緊張しなかった

 

と言っているではないか!!!!

 

 

なんか、もうね、ほんま、大丈夫だったし、

大丈夫なんだね。もう全部、最初から( ̄▽ ̄)笑。

 

 

 

 

 

勝手にソワソワしているのは、

いつも私一人だけで(笑)、

 

みんなクールにしているのに、

私一人が私の世界を勝手に盛り上げて、勝手に楽しんでいる(≧w≦)笑。

 

 

 

「ひかえめ両親の子が応援団長に」と、

シリーズの最初頃に書いたけれど、

 

 

ほんま、自分は、

声も小さくて、喉も弱くて、

人前に立ったり、目立ったりするのはニガテだから、

「応援団長になる」なんて

絶対に選択しないような世界のこと。

 

だから、

 

「応援団長になった」と聞くと、

自分の許容世界をはるかに超えるので、

まぁ!そりゃ大変!こりゃ大変!どうしたことか!何をすればいいのか!

と一瞬慌てふためくけれど(笑)、

 

子にとっては、

そんなの別に、なんでもない、いつもの生活に、

ちょっと色をつけたくらいの感じ。

 

いつも通りゲームもやるし、

いつも通り、夜更かしもするし(笑)、

いつも通り、何も変わらないんだね。

 

 

これは、一生の思い出になる、大きな出来事だ!!!

一族郎党、初めての事だ!と、

大騒ぎして(笑)、

 

親戚中に知らせようとしたり(≧w≦)、

東京に住む我が弟を呼び寄せようとしたり(*'ω'*)、

ビデオ撮影を業者にお願いしようとしたり(←ネット見積もりの時点でどこにも断られた・笑)、

長年着て茶ばんだ(笑)体操服ではいけないと、体操服を一番に新調したりと、

している私の横で、

 

子は、当日の朝、のんきに、

後ろ髪が伸びすぎているから切って~とか言って(笑)、

本番当日の朝、髪を3センチぐらい切って、

そしていつものように、平然とゲームをしてから運動会へ行くという、

 

そんな、なんか、

同じ空間に居るけれども、

住んでいる世界が違いますね。

的な親子で(笑)。

 

 

それもこれもが、なんだとっても楽しい、経験ができました(^-^)。

 

 

終わった後、本人よりも(笑)誰よりも、

一番、「あぁ!楽しかった!!楽しかったヽ(´▽`)/ 」と言っては、

「こんなにいい運動会は、初めてじゃった!!(^ω^)」

と大げさに喜んでいるのは私だけで(笑)、

 

子は、もう平然として、いつものようにゲームをしていたりする(笑)。

 

その横で、この感動を、どうにか吐き出さなければ興奮が収まらん!!←(笑)と、

こうして、ブログをアホほど量産している私(笑)。

 

 

続きは、他の種目について。

(まだ書くんかい・笑)

 

happy-v.hatenablog.com

 

 

f:id:happy-v:20190601212248j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*このブログはリンクフリーですが、一言声をかけていただけるとめっちゃ喜びますヽ(´▽`)/